興福寺(東金堂)

マーカーは興福寺(東金堂)です。

Google Earthで街並散歩(日本編) – 興福寺トップページ

興福寺(東金堂)
[東金堂 – 東金堂(国宝)は神亀3年(726年)、聖武天皇が伯母にあたる元正天皇の病気平癒を祈願し、薬師三尊を安置する堂として創建した。治承4年(1180年)の兵火による焼失後、文治3年(1187年)、興福寺の僧兵飛鳥山田寺(現・奈良県桜井市講堂本尊の薬師三尊像を強奪してきて、東金堂本尊に据えた。東金堂はその後応永18年(1411年)に五重塔とともに焼け、現在の建物は応永22年(1415年)の再建の室町時代の建築である。様式は、唐招提寺金堂を参考にした天平様式。平面規模は、創建時の堂に準じている。堂内には以下の諸仏を安置する。
●銅造薬師三尊像(重要文化財) – 中尊は応永18年(1411年)の火災後の再興像で室町時代の作。脇侍日光菩薩像・月光菩薩像は応永の火災の際に救出されたもので、奈良時代の作である。
●木造維摩居士坐像(国宝) – 本尊薬師如来像の向かって左に安置。鎌倉時代建久7年(1196年)、定慶の作。維摩は大乗仏教の重要経典の一つである『維摩詰所説経(維摩経)』に登場する伝説上の人物で、在家仏教徒の理想像とされる。興福寺では山階寺の創建直後に藤原鎌足が維摩経を講賛・供養する維摩会を始めさせ、以後、最重要の法会の一つとして現在に至るまで毎年10月に執り行われている。その経緯などから維摩は藤原氏の篤い信仰を集め、また興福寺においても特に重要な存在と見なされている。実在の老人のようにリアルに表現されている。
五重塔と東金堂(共に国宝)・wikipedia-photowikipedia-photo、東金堂・wikipedia-photo、東金堂内の諸仏・wikipedia-photo  (wikipedia・興福寺より)]

興福寺境内図(拡大図)

興福寺東金堂 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向が東金堂です。

カメラ東北東方向が東金堂で、右方向に五重塔があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*