芳徳寺

マーカーは芳徳寺です。

芳徳寺
[芳徳寺(ほうとくじ)は、奈良県奈良市にある臨済宗大徳寺派の寺院。山号は神護山(じんごさん)で、本尊釈迦如来三尊。芳徳禅寺とも称される。
柳生藩柳生氏菩提寺。柳生の地区を一望できる高台に位置し、門前の坂の途中に正木坂剣禅道場を構える。柳生家の墓地は元々は中宮寺(現・奈良市柳生下町)にあったが、芳徳寺の創建に伴って改葬され、芳徳寺裏の墓地に柳生藩主・柳生氏一族代々の墓石が80基あまりが並ぶ。
北から寺へ登る坂が霊源坂、その登り口の橋は古楓橋であり、東南の小高い台地である山王台(清風台)とともに柳生十景に挙げられている。また、霊源坂の中ほど東側の地が柳生宗厳(石舟斎)の居住地とされる。
寛永15年(1638年)大和国柳生藩主柳生宗矩の開基、沢庵宗彭開山により創建されたと伝えられる。宗矩が父の石舟斎宗厳の菩提を弔うため、柳生城があったと伝えられている場所に建立した。宗矩の子列堂義仙が第一世住持となり、宗矩の遺領1万2500石のうち200石が芳徳寺に寺領として分与された。宝永8年(1711年)の火災により全焼したが、正徳4年(1714年)に再建された。
廃藩後は荒廃して山門梵鐘も売却され、明治末期には無住の寺となったが、大正11年(1922年)に柳生家の末裔である元台湾銀行頭取の柳生一義が資金を遺贈し、本堂が再建された。その後、大正15年(1926年)6月に副住職として赴任した橋本定芳[昭和5年(1930年)には住職に就任]は、芳徳寺の再興に奔走。橋本は柳生新陰流の普及に努めた他、昭和3年(1928年)には境内に大和青少年道場(現在の成美学寮)を開設し、知的障害児の保護育成に尽力するなど、多方面の事業を手がけた。
本堂・wikiprdia-photo、柳生家一族累代之墓所・wikiprdia-photo、資料館・wikiprdia-photo、正木坂剣禅道場・wikiprdia-photo  (wikipedia・芳徳寺より)]

芳徳寺 – Google Map 画像リンク

芳徳寺山門(Google Map 画像)

芳徳寺境内(Google Map 画像)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*