若草山

マーカーは若草山山頂展望台(三重目)です。

若草山
[若草山(わかくさやま)は奈良県奈良市奈良公園の東端に位置する標高342m、面積33haの山。
なだらかな山腹が芝に覆われており、奈良を代表する景観の一つである。山頂には古くから知られる前方後円墳(鶯塚古墳、全長103m)がある。山頂から見る奈良の夜景は、新日本三大夜景のひとつに認定されている。
山頂にある鶯塚古墳から「鶯山」とも呼ばれる。また、菅笠のような形の山が三つ重なって見えることから俗に「三笠山」とも呼ばれ、御蓋山と混同されてきた。さらには「かつて若草山の正式名称は三笠山だった」と言われることがあるが、これは俗説である。  (wikipedia・若草山より)]

[春日野鹿 – 春日野(かすがの)周辺に遊ぶ鹿。春日野を含む 奈良公園 周辺に千頭あまりの鹿が生息している。
三笠山雪 – 若草山(わかくさやま) を 「三笠山」 と呼ぶ場合があり、やや南にある 「御蓋山」(みかさやま) とは異なる。  (wikipedia・南都八景より)]

飛火野園地 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が若草山です。

若草山山頂展望台(三重目)のカメラです。

若草山資料リンク
国立国会図書館デジタル化資料 – 南都八景」 – 「三笠山の雪」、「春日野の鹿

大和名所図会. 巻之1-6 / 秋里舜福 [著] ; 竹原信繁 画 」 – 「春日山 若宮](1-13)、「春日大宮」(1-14)、「三笠山 水屋社」(1-15)、「若草山解説・左ページ左端」(1-26)、「茶屋と鹿」(1-25)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*