薬師寺(白鳳伽藍)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    薬師寺(白鳳伽藍)の子ページリンク
    薬師寺(休ヶ岡八幡宮)薬師寺(中門、回廊)薬師寺(東塔)薬師寺(西塔)薬師寺(金堂)薬師寺(大講堂)薬師寺(鐘楼)薬師寺(東院堂)薬師寺(興楽門)

    薬師寺
    [薬師寺(やくしじ)は、奈良県奈良市西ノ京町に所在する寺院であり、興福寺とともに法相宗の大本山である。南都七大寺のひとつに数えられる。本尊薬師如来、開基(創立者)は天武天皇である。1998年(平成10年)に古都奈良の文化財の一部として、ユネスコより世界遺産に登録されている。
    薬師寺は天武天皇9年(680年)、天武天皇の発願により、飛鳥藤原京(奈良県橿原市城殿(きどの)町)の地に造営が開始され、平城京遷都後の8世紀初めに現在地の西ノ京に移転したものである。ただし、飛鳥の薬師寺(本薬師寺)の伽藍も10世紀頃までは引き続き存続していたと見られる。
    平城京の薬師寺は天禄4年(973年)の火災と享禄元年(1528年)の筒井順興の兵火で多くの建物を失った。現在、奈良時代の建物は東塔を残すのみである。天禄4年の火災では金堂、東塔、西塔は焼け残ったが、講堂、僧坊、南大門などが焼けた。
    20世紀半ばまでの薬師寺には、江戸時代後期仮再建(従来は1600年再建説や1676年再建説などもあった)の金堂、講堂が建ち、創建当時の伽藍をしのばせるものは焼け残った東塔だけであった。1960年代以降、名物管長として知られた高田好胤(たかだこういん)が中心となって写経勧進による白鳳伽藍復興事業が進められ、1976年に金堂が再建されたのをはじめ、西塔、中門、回廊の一部、大講堂などが次々と再建された。なお、入母屋造だった旧金堂は現在興福寺の仮中金堂として移築され、寄棟造に改造され前部の庇が取り払われるなど、外観を大きく変えて現存している。
    「大池からみた薬師寺両塔・金堂と若草山」・wikipedia-photo、「大池からみた薬師寺両塔・金堂の夜景」・wikipedia-photo、「薬師三尊像(手前から日光菩薩、薬師如来、月光菩薩)写真は再建前の旧・金堂に安置されていた時のもの」・wikipedia-photo  (wikipedia・薬師寺より)]

    グーグル・アート・プロジェクト – World Wonders – 「古都奈良の文化財:薬師寺

    薬師寺(南門)
    [南門(重文)-境内南正面にある小規模な四脚門室町時代永正9年(1512年)の建築で、もとは薬師寺西院の門であった。  (wikipedia・薬師寺より)]

    奈良薬師寺 公式サイトホームページ

    薬師寺境内図(拡大図リンク)

    大和名所図会. 巻之1-6 / 秋里舜福 [著] ; 竹原信繁 画」・「西の京八幡宮薬師寺」(3-17)、「薬師寺解説-1」(3-15)、「薬師寺解説-2」(3-16)、「鎮守八幡宮解説・右ページ右端」(3-18)

    薬師寺 南門 – Google Map 画像リンク」、「薬師寺 – Google Map 画像リンク

    カメラ北北東方向が参拝者入口で、その右が南門です。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *