誕生寺

マーカーは誕生寺です。

誕生寺
[誕生寺(たんじょうじ)は、奈良県奈良市にある浄土宗の寺院。
当麻曼荼羅で知られる中将姫の父、藤原豊成の邸跡とされる場所に建ち、中将姫生誕地と伝わる。  (wikipedia・誕生寺_(奈良市)より)]

中将姫
[中将姫[ちゅうじょうひめ、天平19年8月18日(747年9月30日)- 宝亀6年3月14日(775年4月22日)]は、奈良の当麻寺に伝わる当麻曼荼羅を織ったとされる、日本の伝説上の人物。平安時代長和(1012年 – 1016年)・寛仁(1017年 – 1020年)の頃より世間に広まり、様々な戯曲の題材となった。
藤原鎌足曾孫右大臣藤原豊成とその妻の紫の前(品沢親王の娘)の間には長い間子どもが出来ず、桜井長谷寺の観音に祈願し、中将姫を授かる。しかし、母親は、その娘が5歳の時に世を去り、7歳の時に豊成は、橘諸房の娘である照夜の前を後妻とする。
中将姫は、美貌と才能に恵まれ、9歳の時には孝謙天皇に召し出され、百官の前で琴を演奏し、賞賛を受ける。しかし、継母である照夜の前に憎まれるようになり、盗みの疑いをかけられての折檻などの虐待を受けるようになる。
13歳の時に、三位中将の位を持つ内侍となる。
14歳の時、豊成が諸国巡視の旅に出かけると、照夜の前は、今度は家臣に中将姫の殺害を命じる。しかし、命乞いをせず、極楽浄土へ召されることをのみ祈り読経を続ける中将姫を家臣は殺める事が出来ず、雲雀山青蓮寺 (宇陀市)へと隠す。翌年、豊成が見つけて連れ戻す。中将姫は1000巻の写経を成す。
天平宝字7年(763年)、16歳の時、淳仁天皇より、後宮へ入るように望まれるが、これを辞す。その後、二上山の山麓にある当麻寺へ入り尼となり、法如という戒名を授かる。
26歳で長谷観音のお告げにより、当麻曼荼羅を織り上げる。仏行に励んで、徳によって仏の助力を得て、一夜で蓮糸で当麻曼荼羅(観無量寿経の曼荼羅)を織ったとされている。
宝亀6年(775年)春、29歳で入滅。阿弥陀如来を始めとする二十五菩薩来迎され、生きたまま西方極楽浄土へ向かったとされる。
中将姫の墓・wikipedia-photo、中将姫の像(当麻寺)・wikipedia-photo  (wikipedia・中将姫より)]

大和名所図会. 巻之1-6 / 秋里舜福 [著] ; 竹原信繁 画 」・「誕生寺解説・右ページ左から4行目から」(2-23)

誕生寺 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が誕生寺山門で、山門右手前に北向庚申堂があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*