閼伽井屋

マーカーは閼伽井屋です。

閼伽井屋
[閼伽(あか)は、仏教において仏前などに供養される水のことで六種供養のひとつ。サンスクリット語のargha(アルガ)の音写で、功徳水(くどくすい)と訳される。閼伽井から汲まれた水に香を入れることがあり、閼伽香水とも呼ばれることもある。
インドでは古く、来客に対し足をそそぐための水と食事の後口をすすぐための水が用意されたといい、それが仏教に取り入れられ、仏前や僧侶に供養されるようになったものである。
閼伽を汲むための井戸を「閼伽井」、その上屋を「閼伽井屋」、「閼伽井堂」と称される。また、閼伽を入れる瓶(びん)を水瓶(すいびょう=軍持)と称し、閼伽を入れる器を「閼伽器」、閼伽を供える棚を「閼伽棚」と称される。
サンスクリットの原語は東へ伝わって閼伽となる一方、西にも伝播してラテン語の”aqua”(水)となったという説が広く知られているが、それは語源俗解に過ぎないとする説もある。  (wikipedia・閼伽より)]

お水取り
[3月12日、修二会後夜の咒師作法の中で(13日午前1時)、咒師(しゅし)は蓮松明という松明に照らされながら5人の練行衆とともに南側の石段を下りて閼伽井屋(あかいや 別名・若狭井)へ向かう。
大勢の参拝者の見守る中、雅楽も奏され、おごそかに行列が進む。途中小さな神社に立ち寄り法要を営んでから、咒師と堂童子と駆士と数人の童子が閼伽井屋に入り香水をくむ。他の5人の練行衆は入口を警備する。香水は閼伽桶とよばれる桶に入れられを飾った担い台に載せられ内陣に運ばれる。香水は須弥壇下の香水壺に蓄えられ、本尊に供えられたり、供花の水として用いられたりする。
この水は、若狭遠敷明神(おにゅうみょうじん)が神々の参集に遅れたお詫びとして東大寺二月堂本尊に献じられたと伝えられ、今でも遠敷明神の神宮寺であった若狭小浜市若狭神宮寺では今もこの井戸に水を送る「お水送り」(3月2日)の行事が行われている。お水取りが終わると咒師作法は再開される。  (wikipedia・修二会より)]

東大寺境内図

東大寺二月堂閼伽井屋 – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向の建物が閼伽井屋で、右方向が二月堂です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*