首切地蔵

マーカーは首切地蔵です。

首切地蔵
[首切り地蔵(くびきりじぞう)は、奈良市春日野町の滝坂の道終点付近にある地蔵。
柳生に通じる柳生街道の滝坂の道の終点付近にある三叉路に立つ、首の部分で2つに割れた地蔵で、剣豪の荒木又右衛門に試し斬りされたとの伝説が残る。像高約1.8mの地蔵菩薩で、鎌倉時代の作とされる。
柳生街道滝坂の道の分岐路に立つ首切り地蔵・wikipedia-photo、像高約1.8mの地蔵菩薩で、鎌倉時代の作とされる・wikipedia-photo  (wikipedia・首切り地蔵より)]

[朝日観音から少し進むと、道は3つに分かれ、柳生街道は能登川の渓流から離れ、滝坂の道は終わる。その分かれ道に「首切り地蔵」がたっている。像高約1.8mの大ぶりの地蔵菩薩で鎌倉後期の作風を示す。
 首のところで折れていて、荒木又衛門が試し切りをしたと語り伝えられていて、辻の地蔵として昔から旅人などの信仰を集めていた。  (「滝坂の道(柳生街道の石仏1)」より)]

首切地蔵 (奈良春日山) – Google Map 画像リンク

カメラ位置は春日山周遊道で、カメラ東南東方向の道を下ると滝坂の道(旧柳生街道)で、滝坂の道(旧柳生街道)広場東に「首切り地蔵」がたっています。

カメラ位置は滝坂の道(旧柳生街道)広場で、カメラ東北東方向左の道を進むと滝坂の道(旧柳生街道)春日山石窟仏方面で、春日山周遊道に一部接します、右の道が滝坂の道(旧柳生街道)地獄谷方面です。「首切り地蔵」は滝坂の道(旧柳生街道)地獄谷方面の左に建っています。

カメラ位置は滝坂の道(旧柳生街道)地獄谷方面で、カメラ初期設定方向が首切地蔵です。

カメラ位置は滝坂の道(旧柳生街道)地獄谷方面で、カメラ西北西方向に「首切り地蔵」が建っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*