小松神社(星田妙見)

マーカーは小松神社(星田妙見)です。

小松神社(星田妙見)
[星田妙見宮(ほしだみょうけんぐう)は大阪府交野市星田に鎮座する神社である。天之御中主大神を主祭神とし、高皇産霊大神神皇産霊大神を祀る。祭神は、江戸時代までは、仏教では北辰妙見大菩薩陰陽道では太上神仙鎮宅霊符神であるとされた。
生駒山系に残る数少ない岩座信仰の霊場のひとつである。
伝承によれば、平安時代嵯峨天皇弘仁年間(810 – 823)に、弘法大師(空海)が交野に来たおり、獅子窟寺吉祥院の獅子の窟に入り、秘法を唱えられると、天上より七曜の星(北斗七星)が降り、3ヶ所に分かれて落ちた。このうちのひとつがこの地と言う。後に弘法大師が赴かれ、大師自ら「三光清岩正身の妙見」と称され、「北辰妙見大悲菩薩独秀の霊岳」、「神仏の宝宅諸天善神影向来会の名山」として祀られたと伝わる。
平安時代には「神禅寺」と称されており、河内長野天野山金剛寺の古文書には「嘉承元年(1106)9月23日、星田神禅寺」と見える。また『東和久田系図』延宝6年(1678)には、「采女迄三代妙見之別当ショクニシテ御供燈明捧ゲ御山守護到由候緒也」と記されており、応永9年(1402)生まれの和田出雲安直・将藍安道・采女安国の三代にわたり、別当職であった。天文4年(1535)神明帳には、小松大明神と記されている。
古くから七夕祭祀が行われており、享和元年(1801)に刊行された『河内名所図絵』には「妙見祠 妙見山にあり。神躰巨石三箇、鼎の如く岐ちて、丘の如し。前に石の鳥井、拝殿、玉垣、石段あり、土人、織女石とも呼ぶ。」とあるようにご神体である磐座は織女石(七夕の織姫を祀る石)とも呼ばれていた。また、江戸時代初期、貝原益軒の紀行文『南遊紀行』にも「此谷のおくに、星の森有。星の社あり。其神は牽牛織女也。」とあるように七夕の神様としても知られていた。

鳥居・wikipedia-photo

絵馬堂・wikipedia-photo

拝殿・wikipedia-photo

  (wikipedia・小松神社_(交野市)より)]

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「星田妙見(6巻34)

小松神社(星田妙見)参道前のカメラです。

小松神社(星田妙見)絵馬堂前のカメラです。

小松神社(星田妙見)拝殿前参道石段のカメラです。

小松神社(星田妙見)拝殿前のカメラです。