川崎橋(川崎の渡し)

マーカーは川崎橋です。

川崎橋
[川崎橋(かわさきばし)は、大阪市北区天満都島区網島町を結ぶ大川に架かる自転車・歩行者専用斜張橋国土交通省が全国的に整備を進めている大規模自転車道の一つ、北大阪サイクルライン(大阪市北区中之島~大阪府吹田市万博記念公園)の大川を渡る地点に架かる。浪速の名橋50選選定橋。昭和53年度の土木学会田中賞を受賞。
架橋地点には江戸時代より渡船の川崎の渡しがあった。1877年(明治10年)に私設の有料橋として初代の川崎橋が架橋されたが、1885年(明治18年)の淀川大洪水により流失。川崎の渡しは再開され、1945年(昭和20年)の大阪大空襲による焼失まで続いた。
橋名や渡船名は旧村名の西成郡川崎村に由来し、架橋と同年の1978年(昭和53年)まで北区側の町名は川崎町・新川崎町だった。
下流側より眺めた川崎橋

川崎ノ渡シ月見景 (浪花百景)1800年代。南粋亭芳雪/画

    (wikipedia・川崎橋_(大阪市)より)]

川崎橋北西詰めのカメラです。