カワモク本部事務所棟 (旧六軒町郵便局)

マーカーはカワモク本部事務所棟 (旧六軒町郵便局)です。

カワモク本部事務所棟 (旧六軒町郵便局)
[平成9年12月12日 – 登録有形文化財  (「国登録文化財一覧/川越市」より)]

[この建物は、昭和2年に鈴木家(現(株)カワモク)の敷地内を新設道路が斜めに通り抜けた際に、敷地の隅にできた三角地を有効活用すべく、銘木などの展示場を角地部分に建設したのが始まりです。その後、長らく六軒町郵便局として親しまれた建物です。
角地部分は、当初は一部を2階までの吹き抜けとし、床柱の銘木類を展示するショールームとして使っていましたが、郵便局への転用にあたり、北側に増築し、郵便局舎としました。角地部分の設計は志村岩太郎、施工は川越で多くの住宅を設計した森留造です。
この建築は、北米のステックスタイルを基本に、フレンチルネッサンス様式とF.L.ライト風の装飾を折衷してまとめられた洋風建築です。  (「カワモク本部事務所棟(旧六軒町郵便局) | 全国近代化遺産活用連絡協議会」より)]

旧六軒町郵便局 – Google Map 画像リンク」「ベニーノ – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がカワモク本部事務所棟 (旧六軒町郵便局)です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*