ヤオコー川越美術館

マーカーはヤオコー川越美術館です。

ヤオコー川越美術館
[ヤオコー川越美術館(やおこーかわごえじゅつかん)は、埼玉県川越市氷川町にある美術館。三栖右嗣記念館(みすゆうじきねんかん)とも称する。
スーパーマーケットチェーンストアのヤオコーが、2010年の同社の創業120周年の記念事業として、本社を置く川越市に2012年(平成24年)3月11日に開館した。同社の藝術分野でのメセナ(社会貢献活動)の一環である。
美術館は川越の総鎮守川越祭りを執り行なう川越氷川神社の北隣に位置し、新河岸川の桜並木に面している。美術館の設計はプリツカー賞受賞者の伊東豊雄。地域の文化サロンとして貢献するように設計されており、展示室を除いた庭や池、館内のショップ(三栖右嗣のグッズを各種取り揃え)、カフェには入館料なしで誰でも入場できる。
主な所蔵作品
埼玉県に所縁の深い現代リアリズムの洋画家・三栖右嗣の油絵、リトグラフなど151点を収蔵・展示している。ヤオコーの実質的な創業者である川野トモ比企郡ときがわ町にアトリエを構える三栖の作品に出遭い、蒐集してきたものである。 特に東京国立近代美術館所蔵の『老いる』(安井賞受賞。1976年)の習作を所蔵する。
利用案内
●開館時間 – 午前10時~午後5時(最終入館16:30まで)
●休館日 – 月曜日(休日の場合は翌火曜日)。年末年始
●常設展の入館料 – 一般・・・300円、大学生・高校生・・・200円、中学生以下は無料。
ヤオコー川越美術館・wikipedia-photo  (wikipedia・ヤオコー川越美術館より)]

ヤオコー川越美術館 (三栖右嗣記念館) – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がヤオコー川越美術館です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*