富士見櫓跡

マーカーは富士見櫓跡碑です。

富士見櫓跡
[三の丸跡地である埼玉県立川越高等学校南側の小高い丘が城内で最も高い位置にあたり、この地に三層の富士見櫓があった。川越城には天守はなく、宇都宮城の清明台櫓と同様に富士見櫓が天守の代わりとなっていた。 正確な規模は不明だが江戸末期慶応2年(1866年)に川越城を測量した時の記録によれば、長さ八間三尺(約15メートル)、横八間 (約14メートル)あったと記されている。富士見櫓の名前の由来は、文字通り富士山を望めたためである。現在は浅間神社と御嶽神社が建っている。
田曲輪門跡と富士見櫓跡登口・wikipedia-photo  (wikipedia・川越城より)]

川越城図(「わらべ唄 “とおりゃんせ” 発祥の地 <川越城 本丸御殿、三芳野 …」より)

川越城 富士見櫓跡 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向に富士見櫓跡碑があり後方小高い丘に富士見櫓があった。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*