川越城本丸御殿

マーカーは川越城本丸御殿です。

川越城本丸御殿
[現在、城址の大部分は市街地となっており、往時の姿を想像するのは難しいが、本丸御殿の一部(大広間と玄関)が現存している事は特筆に値する。本丸御殿大広間が現存しているのは、日本では川越城の他には高知城のみで、貴重な遺構である。
本丸御殿は、1848年(嘉永元年)、松平斉典の17万石時代に建てられた入母屋造りで、豪壮な大唐破風と霧除けのついた間口19間・奥行5間の大玄関・車寄せをもつ。36畳の大広間は、板間で玄関と区切られ、さおべり天井で奥行3間の座敷には9尺の廊下が四方を囲っている。建坪は165坪である。
当時は16棟、1025坪の規模をもっていた。明治に入ると廃城令で多くの建物は解体され、現在残る建物は玄関・大広間部分と家老詰所のみとなっているが、本丸御殿大広間は川越城の他には高知城にしか現存せず、全国的に見ても貴重な遺構である。玄関・大広間部分は入間県県庁、入間郡公会所、更には煙草専売局淀橋支局川越分工場へと転用され、1933年(昭和8年)には川越武道奨励会の修練道場となり、名称も初雁武徳殿に変更、戦後は川越市立第二中学校(現在は初雁中学校)の校舎や屋内運動場として使用されていたが、1967年(昭和42年)、県指定有形文化財に指定された。家老詰所については、解体後上福岡市(現:ふじみ野市)の民家に移築されていたのを再度移築したものであり、位置は以前とは異なっている。こちらも1991年(平成3年)に県指定有形文化財に追加指定された。2008年(平成20年)10月から2011年(平成23年)3月まで保存修理工事が行われた。
本丸御殿・wikipedia-photo

  (wikipedia・川越城より)]

川越城図(「わらべ唄 “とおりゃんせ” 発祥の地 <川越城 本丸御殿、三芳野 …」より)

川越城本丸図(「川越城本丸御殿 | 川越の観光・お出かけ情報 カワゴエール」より)

川越城本丸御殿

川越城本丸御殿(「再訪 No.19川越城本丸御殿(2012年5月3日登城) | 城めぐりん」より)

川越城本丸御殿 – 川越市立博物館

川越城 本丸御殿 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が川越城本丸御殿です。

川越城本丸御殿内のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*