川越市立美術館

マーカーは川越市立美術館です。

川越市立美術館
[川越市立美術館(かわごえしりつびじゅつかん)は、埼玉県川越市川越城二の丸跡にある川越市立の美術館。
川越市市制施行80周年の事業として、2002年(平成14年)12月1日(川越市民の日)に開館した。 川越城二の丸跡にある川越市立博物館の隣接地にあり、川越の蔵造りの商家のデザインを外観に取り入れている。
小村雪岱小茂田青樹岩崎勝平相原求一朗など川越生まれの画家や、橋本雅邦井上安治、森脇雲溪など川越藩の画家、小泉智英、長沢秀之、内田静馬、久保提多など川越市ゆかりの画家の、日本画、洋画、版画などを展示している常設展示室がある。相原求一朗は記念室がある。斎藤与里寺内萬治郎、池田幹雄など県内他市で活躍した作家の作品も充実しつつあり、平成24年3月現在のコレクション総数は1998点に及ぶ(資料含む)。
他にも企画展示室では年5回の特別展を開催している。タッチアートコーナー、パソコンによる収蔵品紹介などの美術情報コーナーもある。美術書なども数多く刊行しており、ミュージアムショップもある(川越市立博物館のミュージアムショップと重複するものもある)。
創作室では、デッサン・油彩・水彩、木版画・銅版画などの実技講座を開講、市民に貸し出しも行っている。市民ギャラリーは市民の誰でも利用でき観覧は無料。彫塑、工芸、写真なども展示しており、川越市美術展覧会の出品作も展示される。
主な所蔵作品
●橋本雅邦: 渓山雲霧, 竹林七賢図
●小村雪岱: おせん, 雪の朝
●小茂田青樹: 豊穣,
●井上安治: 東京真画名所図解
●岩崎勝平: 薬水を汲む,
●相原求一朗: 自転車のある風景,
利用案内
●開館時間 – 午前9時~午後5時
●休館日 – 月曜日(休日の場合は翌火曜日)。年末年始(12月28日~1月4日)や特別整理期間も休館
●常設展の入館料 – 一般・・・200円、大学生・高校生・・・100円、中学生以下は無料。1年間有効で特別展にも何度も入館できる定期券は1600円。
ただし、障害者手帳を提示した場合は、無料にて入館できる。
●共通入館券
川越市立博物館:一般・・・300円、大学生・高校生・・・150円。
川越市蔵造り資料館・川越市立博物館・川越城本丸御殿:一般・・・300円、大学生・高校生・・・150円
川越まつり会館・蔵造り資料館・川越市立博物館・川越城本丸御殿:一般・・・650円、大学生・高校生・・・450円
川越市立美術館・wikipedia-photo

  (wikipedia・川越市立美術館より)]

川越市立美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が川越市立美術館です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*