弘川寺

マーカーは弘川寺です。

弘川寺
[弘川寺(ひろかわでら)は、大阪府南河内郡河南町弘川にある真言宗醍醐派の準別格本山の寺院。山号は竜池山。本尊薬師如来大阪みどりの百選に選定されている。西行法師終焉の地である。
天智天皇4年(665年)、役小角によって創建されたと伝えられ、天武天皇5年(676年)にはこの寺で祈雨法が修せられて天武天皇から山寺号が与えられたという。
平安時代弘仁3年(812年)空海によって中興され、文治4年(1188年)には空寂が後鳥羽天皇の病気平癒を祈願し、天皇は回復した。その功によって奥の院として善成寺を建て寺号の勅額を賜わった。
翌、文治5年(1189年)には空寂を慕って歌人と知られる西行法師がこの寺を訪れ、この地で没している。
寛正4年(1463年)、河内守護畠山政長が当寺に本陣を置いて畠山義就が立て籠もる嶽山城を攻めたところ(嶽山城の戦い)、逆に本陣である当寺を攻撃されて善成寺もろとも伽藍は焼失した。その後復興し、江戸時代に入り寛延年間(1747年 – 1750年)歌僧似雲がこの寺を訪れ、西行堂を建立している。

大師堂・wikipedia-photo

弘川寺「隅屋桜」(護摩堂前に隅屋桜。)・wikipedia-photo

本堂・wikipedia-photo

西行堂・wikipedia-photo

弘川寺本坊書院庭園・wikipedia-photo

  (wikipedia・弘川寺より)]

弘川寺4 千本桜山と西行庵跡 | みどりの木のブログ – Ameba」 – 「弘川寺・善成寺絵図リンク
仏には桜の花を奉れ西行入寂の地弘川寺

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「弘川寺(2巻16)

善成寺古跡解説(2巻30)」、「善成寺古跡御衣黄櫻(2巻31)」(ギョイコウ)

弘川寺参道前のカメラです。

弘川寺境内のカメラで、カメラ北方向が本堂、本堂の左方向に護摩堂と鐘楼があり、護摩堂前に「隅屋桜」があります。また、カメラ東北東方向に大師堂があります。

弘川寺本堂前のカメラです。