御津宮

マーカーは御津宮です。

御津宮
[御津宮(みつぐう)は、大阪市中央区西心斎橋にある神社。旧社格は郷社。御津八幡宮、島之内八幡宮とも称される。アメリカ村の中にある。
社名は地名により、以前は三津と書く。『大阪府誌』には、仁徳天皇が浪速に都・難波宮を置いた頃、味原郷(現・大阪市天王寺区味原町付近)にあった社を後世ここに奉祀したとある。

社伝によれば、天平勝宝元年(749年)に、聖武上皇孝謙天皇東大寺大仏を建立するにあたって筑紫国宇佐八幡宮より東大寺の鎮守神として八幡大神を迎え、手向山八幡宮を建立しようとした。その際、八幡大神が瀬戸内海を渡って初めて上陸した行宮の跡に、後に改めて八幡大神を祀ったのが当社の始まりであるとする。
鎌倉時代には後鳥羽上皇勅願所となっている。
文禄年間(1592年 – 1596年)に兵火で焼失したという。
明治時代になると村社に列せられ、1872年(明治5年)に村社から郷社に昇格している。1906年(明治39年)には神饌幣帛料供進社に指定される。
太平洋戦争中の1945年(昭和20年)3月13日・14日に行われた第1回大阪大空襲で社殿が焼失するが、1960年(昭和35年)に再建されている。  (wikipedia・御津宮より)]

摂津名所図会. [前,後編] / 秋里籬嶌 著述 ; 竹原春朝斎 図画」-「3巻51・御津八幡宮

大阪の地図(1686年)(拡大図)

絵地図を右にスクロールして、中之島下の右端から三本目の橋が肥後橋で、肥後橋左下の西横堀川を下までスクロールすると、横水路が道頓堀になります。道頓堀から二本上の橋が木綿橋で、そこから二画目に御津宮が描かれています。

御津宮参道前のカメラです。