御菓子司 鶴屋八幡(虎屋伊織後継)

マーカーは鶴屋八幡です。

鶴屋八幡
[鶴屋八幡の技法は、約300年前の元禄時代まで遡ります。元禄15年(1702)創業で、江戸時代の上方で有名であった、老舗菓子店 虎屋伊織が起源になります。正確には、虎屋大和大掾藤原伊織(とらややまとだいじょうふじわらのいおり)と言い、店の間口は六、七間もあり、その隆盛ぶりは『東海道中膝栗毛』に登場し、『摂津名所図会寛政10年(1798)には、百花群がる盛況ぶりが描かれており、旅人が土産を買い求める姿や、菓子切手(商品券)を商品と交換しようとしている姿が伺えます。
その菓子切手こそ、江戸時代に発行された最初の商品券だと言われています。菓子切手は別名、饅頭切手とよばれ信用は絶大で、大坂内外で贈答用として盛んに用いられました。
虎屋伊織 九代目当主 竹田七郎兵衛が病弱のうえ実子が無く、そこへ動乱期の世情不安 が重なり、160年続いた老舗も商いが行き詰まりました。そこで幼少の頃より縁あって奉公し、主人より厚い信頼を得ていた今中伊八が、お茶人や贔屓筋と九代目当主から「このままでは、連綿と受け継いだ我家製法が、途絶えるのは忍びない。幸い、そなたは幼少の頃より奉公し我家製法を修得し顧客の信頼も厚い。以って別に居を構え我家製法を後の世に守り伝えなさい」(初代の書き残した「虎屋大和大掾藤原伊織由来略伝」より)との有難い仰せと、主家に原料を収めていた八幡屋辰邨さんからの「商売の見通しが立つ迄、心置きなく材料を使ってよいから」との願ってもない後押しもあり、伝統の火を消すまいと、もといた職人達と製法、技術を踏襲し、文久3年(1863)に同じ高麗橋に心機一転、鶴屋八幡として暖簾を掲げました。  (「鶴屋八幡の歴史 | 御菓子司 鶴屋八幡 三百余年の伝統」より)]

摂津名所図会. [前,後編] / 秋里籬嶌 著述 ; 竹原春朝斎 図画」-「4巻34・高麗橋虎屋春繭店

[虎屋伊織(虎屋大和(やまと)大掾(だいじょう)藤原伊織)は元禄15年(1702)創業の菓子舗です。大坂は高麗橋に店を構えました。虎屋饅頭は特に有名で、当時、人気の滑稽本であった『東海道中膝栗毛』の袋にも饅頭の包みが描かれるほどでした。
 摂津名所図会は現在の大阪府北西部のガイドブックのようなもの。ここでは、高麗橋の名所として人々で賑わう虎屋伊織の店先が描かれます。虎屋伊織は菓子舗であるとともに、観光名所でもありました。  (「和菓子、いとおかし ―大阪と菓子のこれまでと今」より)]

カメラ北方向が御菓子司 鶴屋八幡です。