心斎橋跡(長堀の石浜)

マーカーは心斎橋交差点です。

心斎橋
[心斎橋は元々長堀川に架かっていた橋の名前である。1622年(元和8年)に長堀川の開削と同時に架けられたというのが有力な説であり、「心斎系譜」によると長堀川を開削した4名のうちの1人、岡田心斎が長堀川の両岸を町域とした長堀心斎町の往来の便のため、南北に橋を架けたことが名前の由来になっている。当時の心斎橋は、長さ18間(約35m)、幅2間半(約4m)の木橋だった。人通りの多い地域にあった木橋で傷みやすく、洪水や火災の被害も受けるなど維持管理に多くの資金が費やされたという。
その後、1873年(明治6年)に本木昌造の設計によって鉄橋に生まれ変わる。ドイツ製で、大阪で2番目、日本で5番目の鉄橋だった。当時の人にとって鉄橋は非常に珍しく、大阪の人の間で話題となり、錦絵にも描かれた。この鉄橋は鶴見緑地公園緑地西橋として現存する。1989年に現在地に移ったもの。1908年(明治41年)に心斎橋としての役割を終え撤去された後、境川運河の境川橋、1928年(昭和3年)に大和田川の新千船橋(大阪市西淀川区)と移設を重ね、1973年(昭和48年)に鶴見緑地にすずかけ橋として保存され、1989年に現在地に移ったもの。日本現存最古の鉄橋と言われている。
1909年(明治42年)には野口孫市の設計によって石造橋に架け替えられ、壮大な渡り初めが行われた。愛媛県今治市沖の大島産の花崗岩が用いられた。
1962年(昭和37年)に長堀川が埋め立てられて撤去された後、1964年(昭和39年)に長堀通を横断する歩道橋として移築された。  (wikipedia・心斎橋より)]

長堀の石浜
摂津名所図会. [前,後編] / 秋里籬嶌 著述 ; 竹原春朝斎 図画」-「4巻47・長堀の石浜

[大坂では川岸のことも浜と呼んでいたので、石屋が集まっていた当時の長堀十丁目あたりの川岸は通称「石屋の浜」と呼ばれていた。川岸にぎっしりと各地の石材が並ぶ風景は、さながら一大ショールームと呼ぶにふさわしく、石材や製品を並べて売るだけでなく、職人がオーダーメードに応じていた。
「長堀の石浜は山海の名石あるは御影石立山和泉石など諸国の名産をあつめ其好に従ふて石の鳥居石の駒犬燈爐・・・(中略)・・・孝行臼まで拵へ賈ふなり。」(「摂津名所図会」より)  (「心斎橋筋商店街公式ホームページ | 歴史資料館 | 第二資料室(1)」より)]

里の家芳瀧(中井芳滝)/画 長堀石浜(wikipedia-photo)

大阪の地図(1686年)(拡大図)

絵地図を縦横にスクロールして一番下の横水路が道頓堀で、そこの二つ上、堀中心周囲に四ツ橋がある、横水路が長堀で、四ツ橋の右、二本目の橋が心斎橋になります。

カメラ位置は心斎橋交差点で、カメラ西方向、東方向が長堀跡で、カメラ西方向右が長堀の石浜になります。