意賀美神社(万年寺跡)

マーカーは意賀美神社です。

意賀美神社
[意賀美神社(おかみじんじゃ)は、大阪府枚方市にある神社である。式内社で、旧社格は村社。枚方市駅付近にある。
意賀美神社は元は現在地から約100m南の旧伊加賀村字宮山に鎮座していた。創建の年代は不詳であるが、開化天皇の時代には饒速日命の五世の子孫で物部氏の遠祖である伊香色雄の邸宅がこの地にあり、その敷地内に鎮座していたという。高龗神水神であり、淀川の鎮守として創建されたものとみられる。延喜式神名帳では小社に列している。旧伊加賀村の氏神として、明治5年(1872年)に村社に列格した。
現鎮座地の万年寺山にあったのは須賀神社であった。須賀神社は元は牛頭天王社(祇園社)と称し、貞観14年(872年)、流行していた悪疫の終息祈願のため、当地にあった長松山万年寺の開祖・聖宝が牛頭天王を勧請して創建された。万年寺は明治3年に廃仏毀釈により廃寺となった。旧三矢村の氏神として、明治5年に村社に列格した。
日吉神社は岡村の鎮守神で、元は山王大権現と称していた。創建の年代は不詳であるが、一説には淀川の洪水で流れついた日吉大社神体を祀ったのに始まるとも、最澄(伝教大師)が平安京裏鬼門に当たるこの地に阿弥陀仏と日吉大神を祀ったのに始まるとも伝わる。応仁の乱で焼失したが、慶長5年(1600年)に枚方城主・本多内膳正政康が再興し、氏神として崇敬した。旧岡村の氏神として、明治5年に村社に列格した。
明治42年(1909年)10月14日、須加神社と日吉神社は意賀美神社に合祀された。境内が狭いため、翌10月15日、万年寺山の元の須加神社境内に遷座した。

参道(西側)・wikipedia-photo

手水舎・wikipedia-photo

境内・wikipedia-photo

拝殿・wikipedia-photo

  (wikipedia・意賀美神社_(枚方市)より)]

万年寺山の緑陰
[淀川沿いに細長くのびる旧枚方宿の町並みを眼下に見おろし、こんもりと突き出た丘が万年寺山です。摂津丹波の山々や、豊かな淀川を一望に見渡せる風光明媚なこの丘は、京阪二都のちょうど中間にあり、数々の歴史の舞台となってきました。この丘の上にある意賀美(おかみ)神社の境内には、古墳時代前期の万年山古墳があり、青銅鏡が八面出土しました。
言い伝えによると、推古天皇(592~628)の時代、高麗(高句麗)の僧・恵灌(けいかん)が、この地の風景を愛で、眺めがの林岸江(りんがんこう)に似ているとして、草庵を営んだのが万年寺のはじまりです。一千年余の法灯を伝え、夕暮れを告げる晩鐘は人々に親しまれてきましたが、明治の神仏分離令により廃寺となり、仏像等は三矢(みつや)の浄念寺に移されました。参道の石段横には、今も「長松山萬年寺」と刻んだ石柱や十三重の石塔が苔むしており、往時をしのばせてくれます。近年、境内に植えられた多くの紅白梅が大きくなり、観梅の名所になっています。梅林の西にある豊臣秀吉御茶屋御殿跡は、展望広場として整備された眺望の素晴らしいところです。  (「枚方八景 万年寺山の緑陰 | 枚方市ホームページ」より)]

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「枚方萬年寺.JPG(6巻29)

[図会は枚方萬年寺で、右ページ牛頭天王本社と記述され、その下鳥居左に御堂が描かれ、左ページ右下に本陣と記述され場所は枚方宿本陣跡(池尻善兵衛家・現三矢公園)になると思います。

意賀美神社参道鳥居前のカメラです。

カメラ位置は意賀美神社参道二の鳥居で、カメラ北北西方向が現在の万年寺山の緑陰(枚方八景)で、万年寺本堂があったと思われます。

意賀美神社境内のカメラです。

意賀美神社拝殿前のカメラです。