新町九軒桜堤の跡碑(しん町九けん丁)

マーカーは新町九軒桜堤の跡碑です。

新町
[新町遊廓(しんまちゆうかく)は、大坂で唯一江戸幕府公認だった遊廓花街)。現在の大阪府大阪市西区新町1丁目・同2丁目に存在した。
大坂夏の陣の翌年、1616年(元和2年)に伏見町浪人とされる木村又次郎が江戸幕府に遊廓の設置を願い出た。候補地となった西成郡下難波村の集落を道頓堀川以南へ移転させ、1627年(寛永4年)に新しく町割をして市中に散在していた遊女屋を集約し、遊廓が設置された。
メインストリートとなる瓢箪町(ひょうたんまち)には島之内・道頓堀から、1筋北の新京橋町(しんきょうばしちょう)と新堀町(しんぼりちょう)には阿波座から、1筋南の佐渡島町(さどじまちょう)には上博労町(現・新町4丁目の木津川沿い)から、2筋南の吉原町(よしわらちょう)には葭原(天満北部)から遊女屋が移転してきた。なお、遊廓の長となった木村又次郎が木村重成乳母の子で、瓢箪馬印を所持していたことが瓢箪町の町名の由来となっている。
新しく拓かれた地域の総称であった新町が遊廓の名称となり、城下の西に位置することからニシや西廓とも呼ばれた。17世紀後半には上記の五曲輪(くるわ)構成が定着し、新町五曲輪年寄が遊廓を支配下においた。なお、名称は新町五曲輪年寄だが支配下の町の数は7町で、揚屋町となる九軒町(くけんちょう)と、佐渡屋忠兵衛という高麗橋から移住してきた町人の屋敷1軒のみを町域とする佐渡屋町(さどやまち)の2町が新堀町の西に位置していた。
廓内となる上記の7町は溝渠と板塀で囲まれ、随所に見返り柳や桜が植えられていた。出入口となる門は、当初は瓢箪町の西端に設置された西大門のみであったが、1657年(明暦3年)に瓢箪町の東端に東大門が設置され、1672年(寛文12年)には船場からの便宜をはかって西横堀川に新町橋が架橋された。他にも普段は閉じたままの非常門として5つの門が設置されたが、18世紀後半には普段から開け放たれるようになり、名ばかりとなった。
溝渠の外側は東に西横堀川、北に立売堀川、南に長堀川が近接する地勢であるため、隔離性が高いように見えるが、各堀川の内側にも市街が広がり、架橋も十分になされており、東隣は大坂城下の中心となる船場である。三大遊廓において、門が7つもあり、市街の中に位置する新町は、門が2つしかなく市街の端に位置する京の島原や、門が1つしかなく周囲を田畑に囲まれて市街から隔離された江戸の吉原と大きく異なっていた。
新町橋の架橋と同年には、京の島原から夕霧太夫を抱える置屋の扇屋が瓢箪町へ移転して来た。夕霧太夫は1678年(延宝6年)に短い生涯を終え、下寺町の浄国寺に葬られたが、後世まで名妓として語り継がれている。
新町遊廓には元禄年間には800名を超える遊女(太夫など)がいたことが確認されており、明治初頭まで繁栄した。
新町遊廓は、井原西鶴近松門左衛門をはじめ数多くの文芸作品の舞台となるなど、江戸期大坂文化を語る上で欠かせない場所のひとつでもあった。古典落語冬の遊び」の舞台となっている。  (wikipedia・新町遊廓より)]

新町九軒桜堤の跡
[京都の島原江戸の吉原とともに、近世三大遊里の一つと称される大坂の新町は、明暦のころ(1655頃)一応成立したと考えられている。当時としては、大坂唯一の公認の遊所であった。九軒町の名は、玉造の九軒茶屋を移したからといわれている。
 西鶴や近松の作品に登場する吉田屋は、戦災前まであった。また九軒町の夜桜としても有名であった。  (「17.新町九軒桜堤(しんまちくけんさくらつつみ)の跡 – 大阪市」より)]

しん町九けん丁 歌川広重画(しん町九けん丁.pdf)

[新町橋西側一帯の大坂で唯一の公認の遊所。江戸の吉原、京の島原と並ぶ三大遊所の1つであった。この廓中一番賑わっていたのが瓢箪町。瓢箪町の由来については『摂津名所図会』には伏見の浪人木村亦次郎が廓の長を務めた折、瓢箪の馬印を拝領し常に玄関にかざっていたため、と記している。  (「新町九軒町の図 :おおさかeコレクション」より)]

摂津名所図会. [前,後編] / 秋里籬嶌 著述 ; 竹原春朝斎 図画」-「5巻17・新町橋

5巻18・新町九軒町

里の家芳瀧(中井芳滝)/画 新町廓中九軒夜桜(wikipedia-photo)

歌川國員/画 新町店つき(wikipedia-photo)

カメラ南南西方向に「新町九軒桜堤の跡」の碑と、当時からあった加賀千代女の句碑「だまされて 来て誠なり はつ桜」も残されています。