旧鴻池家本宅跡

マーカーは旧鴻池家本宅跡碑です。

鴻池善右衛門家
[鴻池家の始祖は鴻池新六(直文)である。家伝では、新六は尼子氏家臣の山中鹿介(幸盛)の子という。新六は、慶長年間には伊丹郷町にほど近い鴻池郷ですでに酒造業を行っており、江戸へ酒を輸送して販売をおこなっている。
両替商として名をなした鴻池善右衛門家の初代・正成は、新六の八男である。
寛永2年(1625年)には正成は九条島にて海運業を始めた。大坂から江戸への酒積みが多量となり、陸路駄馬で運んでいては間に合わず、海上輸送を行うことにしたのである。海運業の創始によって、西国大名参勤交代の運輸や蔵物の取り扱いなど大名との取引関係が生じ、その関係から大名貸が始まった。明暦2年(1656年)には両替店を開店し、町人貸しや大名貸しで繁栄した。寛文10年(1670年)には幕府御用の両替商として、十人両替という地位にも就いた。鴻池は酒造・海運・金融(大名貸、両替商)という、一見相互に無関係の業務を営む形になった。
後に、鴻池は海運、酒造から手を引き、金融業と大名貸中心となり、成長を続けた。全国百十藩が鴻池家からの融資を受けていたと言われる。江戸時代にあっては、徳川家はもとより各藩に財務能力が乏しく、民間人である豪商に丸投げする形で財務管理を行った。升屋の山片蟠桃に典型的なように、債務を履行させるために豪商が人材を派遣し、藩政を大きく動かすこともしばしば行われた。大名貸し以外には、この時代に鴻池家が営んだ事業としては、3代目善右衛門宗利が着手した、鴻池新田の開発なども有名である。
幕末期には鴻池家の資産は銀五万貫にも達しており、「鴻善ひとたび怒れば天下の諸侯色を失う」とまで言われた。「鴻池の犬」という落語があるが、日本を代表する豪商として徳川期を通じて広く知られ、長く繁栄した。
幕末から明治維新にかけての鴻池善右衛門家当主は、10代目の幸富である。
明治維新において、鴻池家は大名貸を帳消しにされて大きな損失を被ったとも、それほど大きな痛手は蒙らなかったとも言われる。しかし、鴻池家は維新後も、金融業から他の事業へ営業分野の拡大はあまり図らなかった。維新後のいろいろな起業の発起人には多く鴻池善右衛門(幸富)が名を連ねているが、同家の名声を利用するために誘い込まれたものも多い。明治以降の鴻池家の営業方針は堅実を旨としていたため、政商としての性格を色濃く持つ三井のように、藩閥政府の成長政策と歩調をあわせて急速に発展することはできなかった。1877年に善右衛門が設立した第十三国立銀行(のちに鴻池銀行)も他の諸銀行に次第に抜かれ、一地方銀行へと後退していった。
事業体としての鴻池財閥は、10代善右衛門の次男である鴻池新十郎が第2代総帥として采配を振った。善右衛門家は長らく日本有数の富豪としての地位を保ち、明治44年(1911年)には11代善右衛門(幸方)が男爵に叙爵されている。
第二次世界大戦後、財閥解体農地改革によって鴻池家は甚大な被害を受けた。
往年の鴻池男爵家本邸の一部は、大阪美術倶楽部として残っていたが、2007年に解体された。  (wikipedia・鴻池財閥より)]

カメラ北方向に旧鴻池家本宅跡碑があります。