上居の立石

マーカーは上居の立石です。

上居の立石
[飛鳥の石造物(あすかのせきぞうぶつ)は、奈良県飛鳥地方(現在の明日香村を中心とした地域)およびその周辺に残る、飛鳥時代に石で作られた遺物・遺構の総称。花崗岩でつくられた物が多い。人物像などは日本の文化から見て明らかに異形なもので、その他用途のはっきりしないものも多く、これらは謎の石造物と言われている。道教との関係を示唆する見解もある。
上居の立石は石舞台古墳から多武峰に行く道の途中にある。
上居の立石・wikipedia-photo

  (wikipedia・飛鳥の石造物より)]

明日香村上居の立石 – 奈良の宿大正楼

上居の立石 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向に上居の立石と案内碑があります。