岡寺

マーカーは岡寺です。

岡寺
[岡寺(おかでら)は、奈良県高市郡明日香村にある真言宗豊山派の寺院。山号は東光山、寺号は龍蓋寺(りゅうがいじ)とも称し(寺号については後述)、詳しくは東光山真珠院龍蓋寺という。本尊如意輪観音西国三十三所第7番札所。
東大寺要録』「義淵伝」、『扶桑略記』等によれば、天武天皇皇子で27歳で早世した草壁皇子の住んだ岡宮の跡に義淵僧正が創建したとされる。史料上の初見は、天平12年(740年)7月の写経所啓(正倉院文書)である。
現在の寺域は明日香村の東にある岡山の中腹に位置するが、寺の西に隣接する治田神社(はるたじんじゃ)境内からは奈良時代前期にさかのぼる古瓦が発掘されており、創建当時の岡寺は現在の治田神社の位置にあったものと推定されている。寺跡は平成17年(2005年)に「岡寺跡」として国の史跡に指定された。
現在では真言宗豊山派の寺院だが、義淵僧正は日本の法相宗の祖であり、その門下には東大寺創建に関わった良弁行基などがいた。義淵僧正が法相宗の祖とされていたため、江戸時代までは興福寺の末寺であった。江戸時代以降は長谷寺の末寺となった。
寺号について
前述のように、当寺院には「岡寺」「龍蓋寺」の2つの寺号がある。「岡寺」は地名に由来する寺号、「龍蓋寺」は法号である。仁王門前の石柱には「西国七番霊場 岡寺」とあり、通常はもっぱら「岡寺」の呼称が用いられている。宗教法人としての登録名も「岡寺」である。そのため、重要文化財建造物の指定名称は「岡寺仁王門」「岡寺書院」となっている。「龍蓋寺」の法号は龍蓋池に封じた竜の説話に由来する。
境内
仁王門重要文化財) – 慶長17年(1612年)再建。
本堂文化_(元号)2年(1805年)建立。塑造如意輪観音坐像を安置。
開山堂寛政9年(1797年)頃。
楼門 – 慶長年間(1596-1615年)頃建立。
鐘楼 – 本堂と同時期に再建。梵鐘、文化5年(1808年)銘。
●書院(重要文化財) – 寛永21年(1644年)建立。
●石塔 – 昭和元年(1926年)建立。
●三重塔 – 昭和61年(1986年)再建。文明4年(1472年)7月21日に転倒。
●弥勒堂
●るり井
●龍蓋池 – 龍蓋寺の由来となった池、義淵僧正の伝説が伝わる。
●稲荷社 – 建立年代不明。
●義淵僧正廟 – 延文5年(1360年)建立。
●大師堂
●納骨塔
●仏足石
伽藍・wikipedia-photo

仁王門・wikipedia-photo

楼門・wikipedia-photo

鐘楼堂・wikipedia-photo

開山堂(左)と本堂(右)・wikipedia-photo

本堂・wikipedia-photo

三重塔・wikipedia-photo

 (wikipedia・岡寺より)]

岡寺ホームページ

岡寺境内図

岡寺仁王門 – Google Map 画像リンク」、「手水舎 – Google Map 画像リンク」、「大師堂 – Google Map 画像リンク」、「楼門 – Google Map 画像リンク」、「岡寺 開山堂 – Google Map 画像リンク」、「岡寺 鐘楼 – Google Map 画像リンク」、「岡寺 本堂 – Google Map 画像リンク」、「岡寺 龍蓋池 – Google Map 画像リンク」、「十三重石塔 – Google Map 画像リンク」、「瑠璃井 – Google Map 画像リンク」、「奥之院石窟 – Google Map 画像リンク」、「岡寺 三重塔 – Google Map 画像リンク」、「東光山 岡寺(龍蓋寺) – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が仁王門です。

カメラ東方向左に岡寺本堂、右に鐘楼堂があります。本堂手前が開山堂、その隣が楼門、カメラ北方向に本坊、カメラ南西方向に大師堂と三重塔があります。

カメラ北北西方向が本堂で、カメラ東南東方向に龍蓋池・十三重石塔があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*