朝風峠

マーカーは朝風の石碑です。

朝風峠
[飛鳥歴史公園の駐車場から朝風峠を越え稲渕案山子ロードへはゆっくりと歩いても1時間足らずで、朝風峠からは金剛山・大和葛城山から二上山へのダイトレの稜線が奇麗に見える絶好のハイキングコースだ。彼岸花棚田の稲穂と力作揃いの案山子が目を楽しませてくれる稲渕の案山子ロード、案山子コンテストの今年のテーマは「ふれあい」でファミリーが中心のほのぼのとした作品が多かった。お弁当を食べるために石舞台古墳へと移動する途中にもたくさんの彼岸花が咲いている。今夏の暑さのためかこれからが見頃のようである。腹一杯にしてだんご餅を買って橘寺亀石鬼の俎板&雪隠を横目に見て車に戻る。帰りの車窓から見た葛城山麓の彼岸花も見事だったので、葛城古道も歩いてみたいのだが、案山子に惹かれてつい稲渕に足を向けてしまう。爽やかな秋空の下での3時間足らずののんびりハイキングだった。  (「彼岸花咲く飛鳥を朝風峠を越え稲渕案山子ロードハイキング 高所恐怖症」より)]

[案山子ロードを登って行くと休憩所、ベンチと石碑がある
右の石に大きな字で “ 朝風 ” と彫られている
左の石には 朝風の説明 —-
飛鳥時代の聖なる山の一つ南渕山と、眼下に飛鳥川の清流を望む景勝の地。 平城京の長屋王家木簡に 「旦風」 「竹野王子」 「竹野王子山寺」 と記したものがあり、「旦風」は 「あさかぜ」 と読み、現在、明日香村稲渕の龍福寺境内にある竹野王層塔銘文の 「朝風」 にあたると考えられている。  (「朝風峠 – Bike&SlowLife – Goo ブログ」より)]

朝風峠 – Google Map 画像リンク

朝風峠からのカメラです。

カメラ東方向が朝風の石碑です。