酒船石遺跡(酒船石)

マーカーは酒船石遺跡です。

酒船石遺跡
[酒船石遺跡(さかふねいしいせき)は、皇極天皇が営んだ皇居。一般には飛鳥板蓋宮と呼称される。奈良県明日香村岡にある、いくつかの石造物からなる遺跡。
以前から知られている酒船石に加えて、平成12年(2000年)の発掘で発見された亀形石造物と小判形石造物および周辺の遺構を含めて酒船石遺跡と呼ぶようになった。この命名は明日香村教育委員会によるが、研究者の間では酒船石と亀形石造物との関連性を疑う意見も強く、この名称は適当ではないとの意見も存在する。
この遺跡は、田身嶺(多武峰:とうのみね)にあった両槻宮の一部、あるいは両槻宮への入り口施設とする見解が有力視されている。
酒船石
小高い丘の上にある花崗岩の石造物。主軸はほぼ東西で、現存の長さ約5.5メートル、幅(南北)約2.3メートル、厚さ約1メートルであるが、北と南の一部が欠けている。上面に皿状のいくつかのくぼみとそれを結ぶ溝が刻まれている。酒を造る道具、あるいは薬などを造るための道具とも言われ諸説あるが定かではない。近くに水を引いたと見られる土管や石の樋も見つかっていることから庭園の施設とも言われている。
後世江戸時代高取城を築城するため石垣用の石材として利用しようとしたと思われる石割用の石鑿の跡が見られ、上面の造形が欠損している。
1927年(昭和2年)4月8日、国の史跡に指定された。
酒船石・wikipedia-photo

  (wikipedia・酒船石遺跡より)]

酒船石 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が酒船石遺跡(酒船石)の進入路です。

酒船石遺跡(酒船石)のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*