飛鳥坐神社

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    飛鳥坐神社
    [飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ、あすかにますじんじゃ)は、奈良県高市郡明日香村にある神社である。式内社名神大)で、旧社格村社。毎年2月第1日曜日に行われる奇祭おんだ祭でも有名である。
    創建の由緒は不詳であるが、『出雲國造神賀詞』に「賀夜奈流美命ノ御魂ヲ飛鳥ノ神奈備ニ坐テ皇孫命ノ近守神ト貢置」とあり、大国主神が皇室の近き守護神として、賀夜奈流美命の神霊を飛鳥の神奈備に奉斎したとある。また『日本書紀朱鳥元年(686年)7月の条に「奉幣 於居紀伊国国懸神 飛鳥四社 住吉大社」とあり、天武天皇の病気平癒祈願のため幣帛が奉られた。『日本紀略』によれば、天長6年(829年)、神託により、現在の鳥形山へ遷座した。(遷座する前の場所については諸説ある)
    寛永17年(1640年)に高取城に入った高取藩初代藩主・植村家政は、高取城の鬼門に当たる当社を深く信仰した。享保10年(1725年)に里からの火災により社殿の大半を焼失したため、天明元年(1781年)に高取藩8代藩主・植村家利により再建された。平成13年(2001年)再建から200年を経て社殿が老朽化してきたことから、吉野の丹生川上神社上社大滝ダム建設に伴い移築するに際し、旧社殿を譲り受け再建した。
    境内
    境内には、江戸時代に式内小社飛鳥山口坐神社(あすかやまぐちにますじんじゃ)が遷座している。大山津見命久久乃之知命猿田彦命を祀る。「飛鳥山」はかつての皇室の御料林であり、その山神を祀ったものと考えられるが、旧鎮座地は不明である。
    祭事
    2月第1日曜日(元は旧暦1月11日)のお田植神事「お田植祭(おんだまつり)」には夫婦和合の所作(種まき前の胤付けの意で、天狗とオカメが性行為,特に正常位を踊る)があり、奇祭として知られている。境内には、男性器を模した石が多く安置されている。
    鳥居と鳥形山・wikipedia-photo

    飛鳥井・wikipedia-photo

    飛鳥坐神社拝殿・wikipedia-photo

    神楽殿と西良殿・wikipedia-photo

    むすびの神石・wikipedia-photo

      (wikipedia・飛鳥坐神社より)]

    飛鳥坐神社 – 八十萬神社 – いこまいけ高岡

    大和名所図会. 巻之1-6 / 秋里舜福 [著] ; 竹原信繁 画」・「飛鳥社」(5-36)

    飛鳥坐神社 – Google Map 画像リンク

    カメラ東南東方向が飛鳥坐神社参道です。

    飛鳥坐神社拝殿前のカメラです。カメラ南方向が神楽殿と西良殿です。

    カメラ北方向左が八十萬神社、右が拝殿のある八幡社です。八十萬神社左に白髭神社、その左に覆屋に小祠5棟(五社)があります。また、カメラ東方向に人面石(上部が人の顔)があります。

    飛鳥坐神社奥の社前のカメラです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *