春日神社 (菱田宮川原)

マーカーは春日神社です。

春日神社 (菱田宮川原)
[由緒は不詳ですが、室町時代初めの建立といわれる本殿のほか、慶長9(1604)年銘の鉄釜や、元和6(1620)年銘の絵馬などが伝わっており、その歴史の古さが推定されます。
本殿:1棟[重要文化財]
社伝によれば、奈良市春日神社若宮社殿を拝領したと伝わっています。室町時代初めの建立で、天明元(1781)年、文政7(1824)年、明治7年の修理銘札があります。斗栱(ときょう)のあいだにある蟇股(かえるまた)は、この時代の基準的な作例です。
繋馬図絵馬:2面(白馬図1面・黒馬図1面)[町指定有形民俗文化財]
江戸時代初期の元和6(1620)年8月に、白馬図(画像リンク)と黒馬図(画像リンク)を1対として奉納されたものです。精華町内に現存する絵馬としては最古級の絵馬であり、奉納の年が明記された白馬図・黒馬図の2面が1対で揃って守り継がれてきました。
一般的に、日乞いには白馬図の絵馬、雨乞いには黒馬図の絵馬を奉納するのが通例であり、白馬・黒馬の両図を1対として奉納することで、天候の巡りが順調に行くことを願ったものと考えられます。また、稲穂が実る前に風除けや豊作を祈る『八朔行事』との関連もうかがわれます。
この絵馬は、天気の順調な巡りと豊かな実りを祈願するために奉納されたもので、南山城地域の一農村の信仰状況を示す民俗資料として、貴重です。  (「春日神社(かすがじんじゃ)[菱田地区] – 精華町」より)]

拾遺都名所図会」・「巻之四 前朱雀 春日社」、「巻之四 前朱雀 春日社解説
春日社(拡大図)

[図会右ページに春日社、そこの左下に若王寺(Google Map)が描かれています。]
[若王寺(にやくわうじ) – 下狛民居(しもこまみんきよ)の南にあり、当寺若一王子(にやくいちわうじ)の神宮(じんぐう)寺なり。今浄土宗の僧これを守る。本尊阿弥陀(あみだ)仏は春日(かすが)の作にして坐像三尺ばかり、脇士は千手(せんじゆ)観音(くわんおん)立像三尺許、又智証(ちしよう)大師(だいし)自作の像あり、坐像三尺許、禅定(ぜんぢやう)の相にして両の手を重ぬ。
若一王子社(にやくいちわうじのやしろ) -仏殿(ぶつでん)の前にあり。稲荷社(いなりのやしろ)同所にあり。]

春日神社 -Google Map 画像リンク」「春日神社 本殿 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が春日神社参道になります。

春日神社境内のカメラです。