末吉家住宅

マーカーは末吉家住宅です。

末吉家住宅
[竣工年:<主屋>宝永4年(1707)頃 <土蔵、塀、門>江戸中期(17-18c)
設計施工:不詳
 平野は現在は大阪市平野区という位置づけであるが、かつては摂津国平野郷として摂津国大阪とは独立した商業都市であった。
 中世から近世初めにかけてはと並ぶ自治都市として隆盛を極めたのだが、江戸時代になってその拠点性を失い、近代に膨張する大阪に飲み込まれ解消していったのである。
 この末吉家は平野七名家の筆頭で、朱印船貿易、銀座の監督、幕府代官、柏原船の運航を担った。大阪東横堀川に今も残る末吉橋を架橋したのもこの末吉家である。
 平野は空襲を免れており現在もその壮麗な屋敷構えを見ることが出来る。  (「末吉家住宅 – 大阪の古建築」より)]

攝州平野大繪圖」(宝暦13(1763)年) – 絵地図左上に大念仏寺が描かれ、そこの下道、右方向二区画目下に末吉家住宅があることになります。

カメラ南西方向が末吉家住宅です。