本山寺

マーカーは本山寺です。

本山寺
[本山寺(ほんざんじ)は、大阪府高槻市にある天台宗の寺院。山号は北山。本尊毘沙門天鞍馬寺朝護孫子寺とで「日本三毘沙門天」ともいわれている。高槻市北郊、京都府境に近い山間部に位置する。
寺伝によると、持統天皇10年(696年)に役小角が葛城山で修行中に北西に紫雲のたなびくのを見て霊験を感じ、北摂の山に来て自ら毘沙門天像を彫り、堂を建てて修験の道場として開山したのが始まりと伝えられている。その後、宝亀年間(770年 – 781年)に光仁天皇の子・開成皇子が諸堂宇を建立して本格的な仏教寺院として創建したと伝えられている。
また、当寺は院号を霊雲院といい、南方に位置する神峯山寺の奥の院ともいうが、本山寺の縁起によれば神峯山寺とは別寺とされている。本山寺の寺号は戦国時代の記録には見えており、当寺と神峯山寺との関係は明確でない。しかし、北摂三山寺として、根本山と号する神峯山寺、南山と号する安岡寺とともに北山と号して天台宗に属している。
戦国時代には、松永久秀がこの寺で立身出世を祈願し、その後望みがかなったことから久秀の生誕地ともされる五百住(よすみ)にある所領の良田を寄進しているほか、芥川山城より畿内に権勢を奮っていた三好長慶や、キリシタン大名としても知られる高山友照右近父子、甲斐国武田信玄による信濃侵攻により駆逐され三好家に身を寄せていた前信濃守護小笠原長時らが寺領の安堵状を出している。
天正10年(1582年)の山崎の戦いの際に高山右近の兵火に罹り焼失したが、慶長8年(1603年)に豊臣秀頼が鐘楼や中の門などを再建した。
江戸時代には高槻藩主・永井氏皇室などの崇敬を受けている。
宝永年間(1704年 – 1711年)に5代将軍徳川綱吉の生母・桂昌院が建物の改修を行っている。

本堂前参道石段・wikipedia-photo

本堂・wikipedia-photo

  (wikipedia・本山寺_(高槻市)より)]

摂津名所図会. [前,後編] / 秋里籬嶌 著述 ; 竹原春朝斎 図画」- 「6巻52・本山寺五水瀧

本山寺 – 摂津名所図会

本山寺の寺域入り口門となる冠木門前のカメラです。

本山寺中門前のカメラです。

本山寺本堂前石段のカメラです。

本山寺鐘楼前のカメラです。

本山寺本堂前のカメラです。