来迎寺

マーカーは来迎寺です。

来迎寺
[来迎寺(らいこうじ)は、大阪府守口市佐太中町にある浄土宗の寺院。山号は紫雲山。
近代以降は浄土宗に属するが、もとは融通念仏宗(大念仏宗)佐太派の本山であった。
正平2年(1347年)、大念仏寺7世法明上人の弟子、実尊誠阿上人西願が河内国茨田郡下仁和寺庄守口村(現・守口市来迎町)に天筆如来を本尊として一宇を建立したのが始まりとされる。天筆如来とは、石清水八幡宮を創建した僧・行教貞観元年(859年)に感得したとされる、阿弥陀三尊の絵像である。
実尊は来迎寺を建立しようとした際、兄弟弟子たちに襲われ、八幡大神宮(不焼宮)に身を潜めたが、その時、天筆如来が「この上人は西方極楽世界の脇侍観世音菩薩なり」といって光り輝き、襲ってきた者たちを改心させている。
来迎寺は後に南朝後村上天皇勅願寺となり、釈迦如来立像の寄進を受け、本堂に放光殿の号を賜った。
その後延宝6年(1678年)、現在地に落ち着くまでの332年間、茨田郡内で26回の移転を繰り返している。
守口市史編纂委員会の調査では、この理由を2世の時代以降に北朝方の足利義満から圧力を受けて創建当初の堂宇を維持できなくなったこと、住職相続を直檀家の内34家からなる床仲間からくじ引きで決めたこと等から、代替わり毎に相続者の居村に移転したものと結論付けている。因みに同村の者が相続した場合は移転していない。
江戸時代に入ると江戸をはじめとする東国で盛んに本尊・天筆如来の開帳会が行われた。宝永3年(1706年)、茲海上人が幕府に呼ばれた際、来迎寺の縁起を提出し将軍徳川綱吉が目を通している。
享保3年(1743年)、35世慈天の下に女の幽霊(江戸小網町の大工の妻、「お石」と言う)が現れ、慈天の回向を受けて成仏したとの伝説があり、その時に「お石」が残した幽霊の足跡とされるものが現在も伝わっている。
山門・wikipedia-photo

  (wikipedia・来迎寺_(守口市)より)]

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「佐太来迎寺(6巻19)

来迎寺山門前のカメラです。