杭全神社

マーカーは杭全神社です。

杭全神社
[杭全神社(くまたじんじゃ)は、大阪市平野区平野宮町にある神社。旧社格は府社。坂上氏氏神、平野郷の氏神として崇敬を受けている。夏祭り(平野だんじり祭)が毎年7月11 – 14日に行われ、付近の国道25号の走行が規制される。
貞観4年(862年)、征夷大将軍坂上田村麻呂の孫で、この地に荘園を有していた坂上当道牛頭天王素盞嗚尊)を勧請し、現在の第一本殿である祇園社を創建したのが最初と伝えられている。
建久元年(1190年)には現在の第三本殿である熊野證誠権現(伊弉諾尊)を建立する。元亨元年(1321年)には現在の第二本殿となる熊野三所権現伊弉册尊・速玉男尊・事解男尊)を建立して諸殿を修復し、後醍醐天皇から「熊野三所権現」の勅額を賜って祇園社を中心としていた当社を熊野権現の総社に改めている。
明治時代になると神仏分離によって仏教関係のものは概ね長宝寺に移された。1870年(明治3年)、熊野権現社の総社とされていたのを改めて本来の祇園社を本社、熊野三所権現を雑社熊野神社とし、證誠殿を摂社、田村堂を別社として社名を平野熊野三所権現から杭全神社に改めた。
日本で唯一連歌所が残されている。連歌会は明治以降廃れていたが、1987年(昭和62年)に復活され、現在、毎月定期的に平野法楽連歌会が催されている。1999年(平成11年)からはインターネット連歌が始まった。初代の連歌所は室町時代に建てられたが、大坂冬の陣で焼かれている。現存するのは宝永5年(1708年)に再建されたもので、大阪市指定有形文化財になっている。
境内の南は杭全公園、北は新杭全公園となっており、東は平野郷を囲んでいた環濠の一部が残っている。  (wikipedia・杭全神社より)]

摂津名所図会. [前,後編] / 秋里籬嶌 著述 ; 竹原春朝斎 図画」-「1巻65・平野熊野権現」、「1巻71・平野田村将軍社長寶寺

攝州平野大繪圖」(宝暦13(1763)年) – 絵地図上、中央に新屋敷と記述され、その周辺環濠内が後年、古河藩陣屋になると思われます。その右に杭全神社が描かれています。

今昔マップ on the web」(1892~1910年) – 地図初期設定画面中央が平野郷町で、集落上に杭全神社と記述されています。その左が古河藩陣屋跡になります。

杭全神社参道口のカメラです。

杭全神社拝殿前のカメラです。