下野国庁跡

マーカーは下野国庁跡です。

下野国庁跡
[下野国庁跡(しもつけこくちょうあと)は、栃木県栃木市田村町・宮ノ辺に所在する律令制下の地方国庁跡である。1982年(昭和57年)10月12日に、国の史跡に指定された。
本国庁跡は、田村町の宮目(みやのべ、宮延)神社境内付近である。下野国府跡の発掘調査が1976年(昭和51年)から始められ、4年次の1979年(昭和54年)に国庁跡が確認された。
発掘調査から、国庁範囲は一町区画を持ち、周りを掘で囲み、中央に前殿(東西棟)、その後方に正殿(未調査)を配置し、前殿の東・西に長大な南北棟の脇殿を対峙させている四周の各辺の中央に門を設けていた。南門からは幅9メートルの大路が南方に向かって敷設されている。南大路である。この大路に面した西側に建物群が塀で囲まれている。官衙施設である。前殿は正面7間(22メートル)・側面2間(4.8メートル)の規模である。建て替えられている。
こうした建て替えから、大きく4つの時期に分けられる。1期は8世紀前半代、2期は8世紀後半頃から同末(延暦年間の初め)頃に焼失した、3期は9世紀代が中心、4期は10世紀に入って間もない頃まで機能していた。
国庁内外から出土した遺物は、栃木県立博物館宇都宮市)に展示されている。
下野国府域全体の発掘調査は未だであるが、東西五町(540メートル)、南北六町(648メートル)程度の広がりがあったと推定されている。
前殿(復元)・wikipedia-photo、「国庁跡全景-中央に前殿(復元)。左右の脇殿跡には藤棚。」・wikipedia-photo  (wikipedia・下野国庁跡より)]

[律令時代、国家では中央官庁(奈良の都)の整備とともに、国内の隅々まで支配を行きわたらせるために地方の整備も押し進められ、全国を現在の「都道府県」にあたる60余りの国に分け、国をさらに「 評 」(のちに郡)に分けた。下野国は、現在の栃木県域とほぼ同じであった。そして、各国には「国府」が置かれ、地方支配の拠点となっていた。
下野国府は、長い間位置が特定されていなかったが、昭和 51 年(1976)から始まった発掘調査により国庁(国府の中心になる建物があった部分)の位置(栃木市田村町の宮野辺神社周辺)が特定された。
国庁の建物は、約 1 町(約 108m)四方の囲いの中に、正殿、前殿、左右の脇殿がコの字状に並んでおり、前殿の南は広場で儀式を行う場と考えられている。また、周囲には、多数の建物跡が見つかり、「国司館」と考えられている施設や倉庫が分散して建っていたことが明らかになっているとともに、国府につとめる職員数は国の位置・課税基準(人口・耕地面積)などによって決まっており、下野国では 500 人近くの役人がつとめていたと推定されている。
 現在下野国庁跡は、前殿の復元や国庁跡資料館が設置されるなど、遺跡公園として活用されている。  (「栃木市の維持向上すべき歴史的風致 第2章 – 栃木市(下野国府p-171・172)」より)]

[調査結果から 8 世紀前半から 10 世紀前葉まで存続し、少なくとも 4 回の建て替えがあることが判明した。西脇殿の西側から木簡屑と焼土が出土し、延暦 9・10 年(790・791)の年号が記され、建て替えに係る焼失年代も確定した。
将門記(平安時代中期頃成立)』には 平将門の軍が下野国府周囲で布陣する姿が記されている。律令制下の地方統制の中核として設置された役所で、奈良平安時代を通して政治・軍事・経済・交易を集約する一大拠点であった。平成 6 年(1994)に前殿を復元し、平成 8 年(1996)には「下野国庁跡資料館」を開設した。  (「栃木市の歴史的風致形成の背景 第1章 – 栃木市(下野国庁跡p-50)」より)]

国庁跡に建つ「宮野辺神社」
[下野国庁跡の正殿跡が宮野辺神社の境内になっている。寛喜 2 年(1230)、小山朝政の譲状には「宮目社」とある。宮目神社は、武蔵国国府跡(現:東京都府中市)をはじめ、各地の国府遺跡に存在する。天皇の地方官として派遣されてきた国司に対する地方人民の畏敬の念を示すもので、国府が他に移るか、その機能を停止して間もなく、その正庁跡に「ミヤノメ」神社が祀られている。
主祭神は、大物主命大山祗命であり、大神神社では崇神天皇(紀元前 97 年~ 33 年)の長子である豊城入彦命が 勅命を受けて東国治定の時(紀元前 50 年)、室の八嶋に奉斎したが、命は宮野辺神社の地に上陸し、御滞在後に室の八嶋に向かったと伝えられている。
 文治建久年間(1185~1199)、鎌倉幕府の成立などにより国府もいつの間にか廃絶され、それとともに当社も衰微した。その後、戦国の世となり、度重なる兵火で焼失したこともあったが、住民の厚い信仰に支えられ、増改築が繰り返された。
 神社では、11 月 23 日に例祭が行われ、神饌物(大根・人参・芋類・枝つきの豆・魚)をワラヅト(わらを束ね、中へ物を包むようにしたもの)に入れて真竹に結び付け、摂社、末社の七社にお供えする。また、以前は儀式が終わると直会として、蒸した玄米に生の大豆・麦・大根・鯖の生身をきざみ、酒少々と生姜の薄切りを混ぜた神饌を一箸ずつ食べ、神酒をいただいていたというが、現在は、直会の際の料理は作っていないという。
 宮野辺神社の祭儀習俗は、昭和 59 年(1984)に市指定無形の民俗文化財となっている。  (「栃木市の維持向上すべき歴史的風致 第2章 – 栃木市(国庁跡に建つ「宮野辺神社」p-211)」より)]

下野国庁跡資料館 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向に下野国庁跡案内板が設置されています。