大中寺

マーカーは大中寺です。

大中寺
[大中寺(だいちゅうじ)は、栃木県栃木市大平町西山田にある曹洞宗の寺院で関三刹の1つ。山号は太平山。
伝承によれば、1154年(久寿元年)、真言宗寺院として創建されたという。1489年(延徳元年)、在地豪族の小山成長が快庵妙慶を開山に招いて再興。このときが実質的な創建とみなされる。天翁院小山市)の中興開山でもある培芝正悦(ばいししょうえつ)が大中寺2世となった。
天文から弘治の頃(16世紀半ば)、5世海庵尖智の時、後継を巡って無学宗ふん(「ふん」は「林」の下に「分」;棼)と快叟良慶の間に争いがあり、寺は2つに分裂。小山高朝によって、下都賀郡榎本村(栃木市大平町榎本)に新たな大中寺が建立され、無学宗ふんはそちらへ移った。山田の大中寺は荒廃するが、1562年(永禄5年)、快叟の弟子の天嶺呑補が再興した。また、快叟が上杉謙信の叔父にあたることから、謙信によって伽藍が整備された。
1591年(天正19年)、当寺は徳川家康により、曹洞宗の関八州僧録職に任命され、1612年(慶長17年)には下総總寧寺千葉県市川市)、武蔵野龍穏寺埼玉県入間郡越生町)と共に天下大僧録(関三刹)の一となる。天下大僧録とは、寺院の本末制度とは別に、末寺数の多い日本各地の曹洞宗寺院を傘下において管理させる寺院として上記3箇寺を指定したものである。3箇寺は月番で曹洞宗の事務を取り仕切り、大本山永平寺の住職はこれら3箇寺の住職経験者から選任された。
雨月物語』には稚児への愛執から鬼に変じた僧が登場する「青頭巾」という話があるが、その舞台となったのが当寺である。境内には「青頭巾」の伝説に関わる「根無し藤」など、「大中寺七不思議」と呼ばれるものがある。
文化財
梵鐘宝永年間(1706年 – 1711年)作  (wikipedia・大中寺より)]

大中寺 油坂 – Google Map 画像リンク」、「木造地蔵菩薩半跏像 大平町指定文化財 – Google Map 画像リンク」、「大中寺 不開の雪隠 – Google Map 画像リンク」、「大中寺 馬首の井戸 – Google Map 画像リンク」、「大中寺 東山一口拍子木 – Google Map 画像リンク」、「大中寺 不断のかまど – Google Map 画像リンク」、「大中寺 根なしの藤 – Google Map 画像リンク」、「大中寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が大中寺参道です。

大中寺本堂前・石段下のカメラです。

本堂玄関左に設置されている大中寺由来板前のカメラです。

大中寺馬首の井戸前のカメラです。