大慈寺

マーカーは大慈寺です。

大慈寺
[大慈寺(だいじじ)は、栃木県栃木市にある天台宗の寺院。
山号は小野寺山、院号は転法輪院。天平9年(737年)の開基を伝える。最澄(伝教大師)による六所宝塔の建立の地、円仁(慈覚大師)の修行の寺として有名である。天台宗の準別格寺に指定されている。
歴史
創建の正確な時期は不明ながら、隣接する村檜神社境内からは奈良時代にさかのぼる古瓦が出土しており、この地に古代から寺院が存在し、東国における天台系仏教の拠点となっていたことは確かである。
寺伝によれば、大慈寺は天平9年(737年)に行基が開基した寺院で、二祖は道忠、三祖は広智とされる。道忠は鑑真の高弟で最澄とも親交があった僧であり、東国の化主と称された。広智のときに、大慈寺で修行していた円仁(慈覚大師、後の第三代天台座主)、安慧(後の第四代天台座主)などを最澄のもとへ弟子入りさせ天台教学を学ばせている。
弘仁8年(817年)、最澄(伝教大師)が弟子たちとともに東国を巡錫した際、当寺にて大乗戒の授与を行い、東国への天台布教の足場とした。また、法華経による国家鎮護のため、最澄が日本国内の6箇所に建立を計画した六所宝塔の1つが当寺に建てられた。
当寺には小野小町に関わる伝説もある。伝説によれば、小町は大慈寺の本尊薬師如来に病気平癒の祈願をし、その結果治癒したため、終世大慈寺所在の小野寺の地に住んだとされる。境内に小町の碑があり、近隣には小野小町の墓と称するものも現存する。
また、時宗開祖一遍上人が来院し、雨宿りをしたとの伝承があり、『一遍上人絵伝』にも描かれている。
鐘楼があり、佐野房綱が鐘を奉納したという。その鐘は「開運の鐘」と呼ばれ、願い事の叶えられる鐘として信仰を集めた。
その後、二度の火災(天正年間、弘化年間)などにあったが、絶えることなく今日まで法灯を伝えている。
昭和39年3月3日にエドウィン・O・ライシャワー元駐日大使が参拝するために訪れた。
主な行事
比叡山へ登る前に円仁(慈覚大師)が修行したことにちなみ、毎年成人の日(1月14日の命日に近い休日)に、「円仁まつり」を行い、円仁供養や護摩祈願、奉納公演などのイベントでにぎわう。
●5月5日の子供の日には、月遅れで「花まつり」を行い、つつじの咲く中、野点などの行事を行う。
●毎日、先祖供養(申込者、宗派不問)を経木塔婆にて行っている。
●希望者がいれば、相談受付、歴史に関する法話なども行う。  (wikipedia・大慈寺_(栃木市)より)]

[大慈寺は岩舟町小野寺にある寺院で、村檜神社西側の丘陵裾に位置する。境内には、県指定文化財の建造物として相輪塔、美術工芸品では銅製華鬘(けまん)や銅製聖観音菩薩坐像、市指定文化財の建造物として慈覚大師堂がある。
 天平 9 年(737)、 行基により建立されたと伝えられており、寺周囲では「大慈寺」の刻印がある古代瓦も採集されている。
 唐から渡航した僧鑑真の弟子道忠は、下野大慈院(大慈寺)を拠点として布教活動を行っており、道忠の弟子に第二代天台座主となる円澄や広智がいた。広智の弟子が円仁で、弟子には第四代座主の安慧もおり、大慈寺にいた道忠の師弟関係からは天台座主が幾人も輩出され、道忠系天台教団として初期天台宗の重要な役割を果たした一派と捉えられている。
 円仁は、大同 3 年(808)に比叡山に赴くまで本寺で修業しており、弘仁 8 年(817)、天台宗を開いた最澄は円仁を連れ東国巡行を行い、その際に大慈寺を訪れている。
 また、弘安 2 年(1279)、時宗一遍が東国巡見の折に最澄の足跡をたどって小野寺周辺を訪れた様子が、一部国宝である『一遍聖絵第5巻』(正安元年(1299))にも描かれている。
 大慈寺は、仏教史上、平安の新仏教である天台宗の成立に深く関わる寺院であり、当時の新技術であった須恵器、瓦、製鉄等の技術と知識階層の僧侶との関連性や社会構造を解明する上でも重要である。  (「栃木市の維持向上すべき歴史的風致 第2章 – 栃木市(大慈寺p-212)」より)]

大慈寺へようこそ」 – 「大慈寺概要
大慈寺境内案内図

小野寺山 大慈寺 栃木市岩舟町 : 癒しの参拝と御朱印紀行2」、「大慈寺(栃木市)|ハニーちゃんがゆく! – アメーバブログ

大慈寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が大慈寺参道です。

大慈寺山門(Google Map 画像)

大慈寺本堂(Google Map 画像)