大神神社

マーカーは大神神社です。

大神神社
[大神神社(おおみわじんじゃ)は、栃木県栃木市惣社町にある神社。式内社(小)論社下野国総社。旧社格は県社。
古くは「下野惣社大明神」「惣社六所大明神」「八島大明神」などの別称があった。
平安時代中期の『延喜式神名帳』には「下野国都賀郡 大神社」の記載があるが、当社をそれにあてる説がありその論社とされている。
また、古代の国司は各国内の全ての神社を一宮から順に巡拝していたが、これを効率化するため、各国の国府近くに国内の神を合祀した総社を設け、まとめて祭祀を行うようになった。当社はそのうちの下野国の総社にあたるとされる。当社の南方約2.8kmの地には下野国庁跡も発掘されている。
平将門の乱により被害を受けたが、藤原秀郷らの寄進により再建され、室町時代まで社殿は広く立派であったと伝える。しかし戦国時代に、皆川広照の残兵が当社に篭り、北条氏直の軍勢が火を放ったために焼失し、荒廃した。その後、徳川家光による社領30石と松の苗1万本の寄進などにより、1682年(天和2年)に現在の形へと復興したという。
しかしながら、実際には明治時代より以前の史料で当社を明確に「大神(おおみわ)」または「大三輪」と呼んだものは発見されていない。「実際のところは、都から遣わされた国司大和国大神神社(大三輪神社)を別の場所で祀っていて、これが下野惣社大明神に合祀され同化した」といった説もあるなど、その歴史は必ずしも詳らかとは言い難い。
明治維新後、明治6年に近代社格制度において郷社に列し、明治40年に神饌幣帛料共進神社に指定、明治44年に県社に昇格した。1924年(大正13年)に社殿の大改修、1993年(平成5年)に室の八嶋の大改修などが行われて現在に至っている。
一の鳥居・wikipedia-photo、鳥居・wikipedia-photo、拝殿・wikipedia-photo、本殿・wikipedia-photo、神楽殿・wikipedia-photo
室の八嶋
室の八嶋(むろのやしま)は、古来の和歌などに歌枕として見られる地名。当社境内の池中の島をその跡と伝える(ただし後世の付会とする説もある[6])。奈良時代の昔から、歌枕として都にまでその名を知られ、『万葉集』や『古今和歌集』をはじめとする多くの和歌集などに登場する。
歌枕としての意味
木花咲耶姫命が一夜にして懐妊したためその貞操を証すべく、自ら火を放った室の中で三柱の神を産んだ、とされる神話の舞台。また転じて、(かまど)の煙(八嶋は竈の古語であるとの説もある)。
思川の低湿地であることから、水煙や清水の沸く土地。
●これらが転じて、燃え上がる恋の炎に身を焼く煙。
●糸遊(いとあそび、いとゆう)。煙が更に転じたものとも考えられるが、「陽炎」「蜘蛛が糸を引いて飛ぶ」など作者の真意は様々で、定かではない。
当地を訪れたとされる松尾芭蕉曾良は『奥の細道』に、室の八嶋の由緒などを曾良の言として記しているが、俳句は載せていない。しかし、後年曾良が著した『俳諧書留」に、芭蕉の句として「いと遊に結びつきたるけふりかな」が記されており、これが当社の境内に句碑として建立されている。
現在見られる「室の八嶋」は、杉木立の中の掘割に、小さな祠を戴く8つの小島がある、およそ800坪ほどの庭園状の場所であり、水煙や湧き水などは観られない。
室の八嶋・wikipedia-photo、室の八嶋の前に建つ松尾芭蕉の句碑・wikipedia-photo  (wikipedia・大神神社_(栃木市)より)]

大神神社 – Google Map 画像リンク」「室の八嶋 – Google Map 画像リンク」「神楽殿 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が大神神社表参道です。

カメラ東南東方向が大神神社西参道です。

大神神社境内鳥居(Google Map 画像)

大神神社拝殿(Google Map 画像)