好古壱番館(旧・安達呉服店)

マーカーは好古壱番館(旧・安達呉服店)です。

旧・安達呉服店
[元は呉服商の店舗(洋館)で大正 12 年(1923)に建設された。木造二階建で、一階正面をポーチ状に張出し、銅板葺の二段の勾配で四方向に傾斜する屋根を架け、屋根窓を設ける。柱や扁平アーチ部に石貼して石造風に仕上げるなど、大正期の意匠を良く表現している。  (「栃木市の歴史的風致形成の背景 第1章 – 栃木市(好古壱番館(旧・安達呉服店)p-52)」より)]

[旧安達呉服店は大正11年(1922)に建てられた洋館で、木造2階建て、建築面積56㎡、屋根は四方を勾配にした台形状銅板葺きでドーマー(ステンドグラス付)が付けられ、開口部は縦長の上げ下げ窓となっています。1階前面は前に張り出し、上部がバルコニー、下部がアーチ状の石造風意匠。建物の正面性を強調する為に道路側の外壁には石張りや煉瓦を積むなど表情を付け、化粧柱にも細かな意匠が施されています。又、パラペット中央には家紋と思われるレリーフ、2階中央開口部上部にはペデメント風の三角小庇なども正面性の演出し一役買っています。大正時代に建てられた洋風商業建築の遺構で当時意匠をよく表現している建物として貴重、さらに登録基準である「造形の規範となっているもの」をクリアした事で平成12年(2000)国登録有形文化財に指定されています。現在は好古壱番館(手打ちそば店)として利用されています。  (「旧安達呉服店(好古壱番館) – 栃木県:歴史・観光・見所」より)]

好古壱番館
[そば、じゃがいも入り焼きそば
四季の旬菜そばとじゃがいも入り栃木焼きそばが味わえます。 (「好古壱番館 | 栃木市観光協会」より)]

好古壱番館 (こうこいちばんかん) – 栃木/そば [食べログ]

小江戸そば 好古壱番館 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向が好古壱番館(旧・安達呉服店)です。