巴波川沿いに広がる蔵屋敷

マーカーは巴波川幸来橋です。

巴波川沿いに広がる蔵屋敷
[江戸時代には市内を流れる巴波川を利用した江戸との舟運と、朝廷から日光東照宮へと派遣された使者(例幣使)が通行した例幣使街道宿場町として盛えた商都で、「小江戸」の別名を持つ。戦災を免れたため、歴史的な寺院のほか、市街地には江戸時代から明治時代にかけての蔵や商家などが多く残っており、「美しいまちなみ大賞」を受賞している。  (wikipedia・栃木市より)]

巴波川(うずまがわ)
[流域は栃木県中西部から南部。思川小倉堰の分水に始まり、栃木市西方地域からは広い平野を南に流れていく。栃木市市街地中心部では歴史ある蔵が立ち並ぶ景観の中を流れ、南西に転じ渡良瀬遊水地に入り、栃木市藤岡町石川で渡良瀬川に合流する。
名称の由来
「ウズを巻き、波を立てて流れる」という意味に由来する。近世には「字津間川」、「鶉妻川」などとも表記された。
歴史
中世から江戸川と通じた舟運の盛んな川で、栃木市内には蔵造りの建造物が多く残り「蔵の街」として親しまれている。舟運の始まりは、江戸時代に徳川家康の霊柩を久能山から日光山に改葬した際に、日光御用の荷物を栃木河岸に陸揚げしたことが端緒である。その後、物資の集散地として江戸との交易で隆盛を極めた。現在は、錦鯉が放流されており、船頭による舟歌が楽しめる観光用の舟が行き来する。
ナマズの民話があり、そのナマズを模したしゃもじの郷土玩具がある。
巴波川幸来橋付近(栃木市)・wikipedia-photo  (wikipedia・巴波川より)]

[巴波川の舟運とは、栃木河岸から部屋・新波河岸(現在の藤岡地域)までの間を、部賀舟(都賀舟とも)という底の浅い小舟を利用して、荷物を輸送することをいい、栃木河岸で積み込まれた荷物は、部屋・新波河岸で大型の川舟である高瀬舟に積み替えられて江戸に運ばれた。

巴波川の栃木河岸は、元和 2~3 年(1616~1617)の日光東照社造営の際の御用荷物に関係した荷揚げが行われたことが起源とされる。
栃木河岸とは、栃木町周辺に存在した河岸の総称であるが、具体的には巴波川東岸(左岸)の栃木河岸、西岸(右岸)の片柳河岸、その上流東岸の平柳河岸に分かれており、天保期(1830~1844)に描かれたとされる『栃木町並栃木続道路河川絵図』は、図中に「船持荷積問屋拾壱軒」の文字がみられ、栃木河岸に 6 軒、片柳河岸に 4 軒、平柳河岸に 1 軒と、合計 11 軒の船持の荷積問屋が描かれている。
巴波川の舟運は、明治 21 年(1888)の 両毛鉄道(現在のJR両毛線)の開通により衰退することになる。明治2年(1869)の『都賀郡河岸取調帳』では、広義の栃木河岸へ津出しする村々として 70 数箇村が書き上げられ、10 人の積問屋により部賀舟 50 艘、下川舟 14 艘が所有されていたことが記されているが、明治 44 年(1911)には、荷舟が 5 艘のみとなり、その後、大正期まで荷舟は往来したが、やがて姿を消し、筏流しだけが終戦後まで続いたとされる。


    (「栃木市の維持向上すべき歴史的風致 第2章 – 栃木市(巴波川の舟運p-75・76」より)]

蔵の街遊覧船 | 栃木市観光協会」、「蔵の街遊覧船ホームページ

カメラ位置は巴波川幸来橋です。

カメラ位置は巴波川幸来橋の一つ下流の橋で、カメラ北北東方向右側に蔵屋敷があり、橋袂に蔵の街遊覧船乗り場があります。

カメラ北北東方向が蔵の街遊覧船待合処です。

蔵の街遊覧船のストリートビューです。