本多糀屋(味噌)

マーカーは本多糀屋です。

本多糀屋(味噌)
[当店はおかげさまをもちまして、私で5代にわたり、糀(こうじ)を作って生活を営んでおります。
私の父の代で、糀だけでは食っていけず、糀を原料としてできるものは・・・ということで、味噌を造ることになりました。
現在、80歳を過ぎた母と耳順手前の私と嫁で営んでおります。
糀造りは昔ながらの室(むろ・・・糀を造る部屋)を使い、手作業で木の箱に分けて造っております。味噌造りは和釜を用い、マキをくべて豆を煮上げ、糀と塩を混ぜ、1年以上ねかせたものを販売しております。
販売にあたっては、桶から出したばかりの本当の色と香りの味噌を販売すべく、原則、注文があってから袋詰めを行います。味噌の色、品質は劣化しやすく、”味噌は生もの”と思っているからです。

味噌仕込みにおいて、大豆は栃木県産タチナガハを使用してきました。地産地消に共鳴しているわけではありませんが、ある程度の品質と経済的な理由で利用してきました。
今回(2016年)、JAさんの関係で栃木県及び周辺では、大豆の品種が変更されました。一抹の不安を感じながらも新品種にて試しに仕込んでみました。
ところが、煮豆にすると甘みが足りず、つぶしてみると、べっとり感よりパサパサ感があり、あえなく中止。急きょ、他の大豆を探すことになり、宮城県産タチナガハに決定しました。前回の栃木県産よりも豆質が良いようで、こうご期待の程。  (「本多糀屋ホームページ」より)]

本多こうじ屋 – 栃木市の米・調味料・漬物・自然・健康食品|栃ナビ!

本多糀屋 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が本多糀屋です。