綱手道

マーカーは常盤橋です。

綱手道
[蔵が立ち並ぶ巴波川沿いの曳道
江戸時代より、巴波川(うずまがわ)の舟運により発達した栃木市。かつては、湧水もあり流れも速かったため、江戸からの帰路は麻綱で舟を曳いてきました。川沿いの曳道が綱手道です。川沿いには甍を並べる舟積問屋や豪商の倉庫が当時の面影を漂わせています。  (「綱手道 | 栃木市観光協会」より)]

[巴波川の舟運とは、栃木河岸から部屋・新波河岸(現在の藤岡地域)までの間を、部賀舟(都賀舟とも)という底の浅い小舟を利用して、荷物を輸送することをいい、栃木河岸で積み込まれた荷物は、部屋・新波河岸で大型の川舟である高瀬舟に積み替えられて江戸に運ばれた。

巴波川の栃木河岸は、元和 2~3 年(1616~1617)の日光東照社造営の際の御用荷物に関係した荷揚げが行われたことが起源とされる。
栃木河岸とは、栃木町周辺に存在した河岸の総称であるが、具体的には巴波川東岸(左岸)の栃木河岸、西岸(右岸)の片柳河岸、その上流東岸の平柳河岸に分かれており、天保期(1830~1844)に描かれたとされる『栃木町並栃木続道路河川絵図』は、図中に「船持荷積問屋拾壱軒」の文字がみられ、栃木河岸に 6 軒、片柳河岸に 4 軒、平柳河岸に 1 軒と、合計 11 軒の船持の荷積問屋が描かれている。
巴波川の舟運は、明治 21 年(1888)の 両毛鉄道(現在のJR両毛線)の開通により衰退することになる。明治2年(1869)の『都賀郡河岸取調帳』では、広義の栃木河岸へ津出しする村々として 70 数箇村が書き上げられ、10 人の積問屋により部賀舟 50 艘、下川舟 14 艘が所有されていたことが記されているが、明治 44 年(1911)には、荷舟が 5 艘のみとなり、その後、大正期まで荷舟は往来したが、やがて姿を消し、筏流しだけが終戦後まで続いたとされる。


    (「栃木市の維持向上すべき歴史的風致 第2章 – 栃木市(巴波川の舟運p-75・76」より)]

カメラ位置は常盤橋東詰めで、カメラ南方向・巴波川両岸の曳道が綱手道です。