景行天皇纒向日代宮跡碑

マーカーは神景行天皇纒向日代宮跡碑です。

景行天皇纒向日代宮跡碑
[纏向・日代宮跡(まきむく・ひしろみやあと)
 紀元七百三十年、第十二代景行天皇・大足彦忍代別命(オオタラシヒコヲシロワケ)が即位後この地に宮を設け、大和朝廷による全国統一を進められた。その立役者は、皇后の播磨稲日大郎姫(ハリマノイナヒヲイラツメ)との間に生まれた日本武尊である。
 景行天皇の業績で注目すべきことは、日本の国の真の歴史並びに天成(アマナリ)の道(宗教・政治の理念)を子々孫々に遺すべしとの日本武尊の遺言に従い、五・七調の神代文字で記された秀真伝(ホツマツタエ)文献を、三輪君の祖となる大直根子(オオタタネコ)に命じて編纂させ、後世に遺したことである。  
穴師坐兵主神社  (画像リンク)]

景行天皇纒向日代宮跡 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向に景行天皇纒向日代宮跡碑と 穴師坐兵主神社の案内板があります。