海石榴市

マーカーは海石榴市碑です。

海石榴市
[現在の山辺の道の起点は、海石榴市(つばいち、椿市:つばきのいち)である。古代には、海石榴市の八十(ヤソ)の衢(ちまた)と称されたところで、桜井市粟殿(おおどの)を中心とした地域であった。平安時代中期の延長4年(926年)には椿市観音堂(Google Maps)付近が起点の地になった。
海石榴市は、政治の中心が主として奈良盆地の東南部にあった頃、定期的に市が立って栄えた。北へたどる山辺の道の起点であり、そこに初瀬街道がT字形に合し、さらに飛鳥からの山田の道、磐余の道などの主要な街道が集まり、また初瀬川を下り大和川に出る水運の河港もでき、水陸交通などの要衝の土地であった。その場所は三輪山の南、今の桜井市金屋付近である。
推古紀16年(608年)8月の条に「唐の客を海石榴市の衢に迎ふ」とあり、の使者は、初瀬川を船で遡り海石榴市で船を降り、市(衢)そこで出迎えられ、飛鳥の小墾田宮に入京したのであろう。路傍に「海石榴市観音道」の石の道標があり、少し離れたところに「海石榴市観音堂」がある。
『海石榴市の 八十(やそ)の衢(ちまた)に 立ちならし 結びし紐を 解かまく惜しも
—作者未詳、『万葉集』巻12・2951』  (wikipedia・山辺の道より)]

[万葉集、日本書紀にも登場する海柘榴市(つばいち)は、わが国最古の市。現在の三輪山の麓にある金屋地域を指す。
山の辺の道の陸路と大和川の水路が交わる場所として、古くから市が開かれていた。また、影媛の非愛の伝説や恋の歌をかけ合う歌垣(うたがき:歌の交換場所)の舞台としても知られる。のちに、長谷寺詣での宿場として栄え、「源氏物語」「枕草子」にも登場する。現在、市はないが観音堂にその名を残している。  (「海柘榴市観音堂|奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット|桜井市 …」より)]

海柘榴市 – Google Map 画像リンク」、「海柘榴市観音堂 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向に海石榴市を詠んだ万葉歌「紫は 灰さすものぞ 海石榴市の 八十(やそ)のちまたに 逢へる子や誰れ」の歌碑と案内板があります。歌碑右方向を進むと「海石榴市観音堂」があります。

「海石榴市観音堂」境内のカメラです。