相撲神社

マーカーは相撲神社です。

相撲神社
[この神社には鳥居はあるが、社殿は無く、神社境内の中央に土俵跡、土俵の盛り土の四隅には四本柱の代わりに桧の木が4本植えられている。
約2000年前、垂仁天皇のころ、大兵主神社神域の小字カタヤケシにおいて、野見宿禰当麻蹴速が、日本最初の勅命天覧相撲を行った。これが日本の国技である相撲のはじまりとされている。  (「相撲神社(すもうじんじゃ)/桜井市ホームページ 」より)]

大和名所図会. 巻之1-6 / 秋里舜福 [著] ; 竹原信繁 画」・「野見宿祢相撲」(3-59)

[この挿図の題にある「濫觴」。何とも難読難解の語が使われています。読めないので調べました。「らんしょう」と読み、物事の始まり・起源という意味のようです。相撲は日本の国技ともいえる、現代でも人気のスポーツです。奈良はその「発祥の地」とされています。その根拠として挙げられるのが、『日本書紀』に記された垂仁天皇の“天覧相撲”です。垂仁天皇7年7月7日の条に、「當麻郷には當麻蹶速(たいまのけはや)という勇敢剛力がいて、天下に敵なしと豪語していたところ、天皇が力くらべをさせようと、出雲の野見宿禰(のみのすくね)が召され、両人に力くらべをさせた。すぐさま蹶速は腰の骨を折られて死んだ」旨が記されているのです。宿禰が蹶速を投げ飛ばしたシーンが描かれている挿図にも、「垂仁天皇御年 当麻の蹶速と 野見の宿禰と ちからを争ふ これ相撲のはじまりなり」と記述されています。『大和名所図会』の本文には、「野見宿禰をめし、蹶速とすまひをとらしめ給ひき」と記され、蹶速を負かした(というより殺した)宿禰は「勝ちたる賞に、蹶速が地を野見宿禰に賜はれり」と褒美までもらったということです。ちなみに、本文に「ここを腰折田と名けて」とあり、奈良県香芝市に腰折田の伝承地があります。挿図の右の檀上、黒い衣をまとっているのが垂仁天皇でしょう。蹶速と宿禰は筋骨隆々に描かれているわけではありませんが、蹶速の体は妙な角度で曲がっています。これはたまりません。スポーツというより、事件です。古代の力くらべには、降参、ギブアップは許されなかったのでしょうか。蹶速さん、お気の毒に。現代の大相撲では、蹴ったり、勝敗がついた後に相手を突いたり、はたいたりは固く禁じられていて、崇高な品格が求められる横綱や大関などがこれをしてしまうと、苦言が飛んで、処分に発展してしまいます。左に立つのは、行司でしょう。矢筒を背負い、弓をたずさえています。弓矢はこの場合、穢れをはらうものと考えられ、この力くらべ(相撲)に神事の性格があったことが読み取れます。現代でも結びの一番の後に弓取りが行われ、その日の相撲が締めくくられます。  (「『大和名所図会』今昔めぐり ⑰相撲の濫觴(巻之三)(関連スポット:相撲神社など)」より)]

相撲神社 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は穴師坐兵主神社参道で、カメラ南南西方向が相撲神社鳥居です。

カメラ南方向が相撲神社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*