磯城瑞籬宮跡碑(志貴御県坐神社)

マーカーは志貴御県坐神社です。

磯城瑞籬宮
[磯城瑞籬宮(しきのみずかきのみや)は日本書紀に記載されている崇神天皇王朝の都。現在、磯城瑞籬宮は奈良県桜井市金屋にあったとものと推定されており、志貴御県坐神社には大正年間に「崇神天皇磯城瑞籬宮跡」の石碑が建てられている。本宮の北側には三輪山(大神神社)が鎮座する。周辺には纏向遺跡をはじめとする古墳時代前後の遺跡が存在し、箸墓古墳ホケノ山古墳崇神天皇陵景行天皇陵垂仁天皇陵などの巨大前方後円墳群が点在する。  (wikipedia・磯城瑞籬宮より)]

志貴御縣坐神社 – Google Map 画像リンク」、「崇神天皇磯城瑞籬宮趾 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が志貴御県坐神社参道です。

カメラ獅子方向が志貴御県坐神社拝殿で、カメラ南南東方向に「崇神天皇磯城瑞籬宮跡」の石碑があります。