河合寺

マーカーは河合寺です。

河合寺
[河合寺(かわいでら)は、大阪府河内長野市にある真言宗御室派の寺院。あじさいの名所として知られる。
河合寺縁起によれば、当時、この地の山々に五色の雲が何日にも渡り棚引いていた。天皇の命により蘇我入鹿が調査すると、光が差している松の大木から千手観音菩薩の像があらわれたという。驚いた天皇の命により皇極天皇2年(643年)、蘇我入鹿が当寺を創建したといわれる。承平(西暦931~937年)の頃、河南の三大名刹の一つとして知られていたが、その後、足利氏に攻め入られ大伽藍を焼失したり、織田信長による寺領の没収などにより衰退した。
河合寺の裏山一帯は、大阪府立の府営長野公園の一部となっており、山一面に広がる約500本の桜と山腹に約5000株のアジサイが咲く自然公園となっており、特に桜は大阪みどりの百選に選定されている。 奥の院の横にあるあじさい園にも展望台があるが、さらに450m登った所にも展望台がある。

山門・wikipedia-photo

奥之院・wikipedia-photo

  (wikipedia・河合寺より)]

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「河合寺(1巻22)

真言宗御室派河合寺 – Google Map 画像リンク

河合寺山門前のカメラです。