泉穴師神社

マーカーは泉穴師神社です。

泉穴師神社
[泉穴師神社(いずみあなしじんじゃ)は、大阪府泉大津市にある神社。式内社和泉国二宮で、旧社格は府社。「泉穴師神社の森」は「大阪みどりの百選」に選ばれている。
社伝によると、当社は白鳳元年(672年)に創建されたとするが、神功皇后の時代に創建されたとも神武東征の際に始まるともいわれ定かではない。天平10年(738年)の和泉監正税帳(『正倉院文書』)によると、聖武天皇から大鳥神社と共に1,300石の社領を賜ったという。『日本三代実録』によると貞観7年(865年)に正五位下を授けられたとし、『類聚国史』によると貞観10年(868年)に従四位下を授けられたとする。元弘元年(1331年)には、楠木正成が当社に石燈籠を奉納している。
天正3年(1575年)には織田信長より社領安堵の朱印状を与えられた。慶長7年(1602年)には豊臣秀頼片桐且元を奉行として社殿を再建している。
1873年(明治6年)に郷社に列格し、1894年(明治27年)には府社に昇格した。1946年(昭和21年)、それまで毎年2月4日に行っていた春季大祭を4月5日に行うこととし現在に至る。  (wikipedia・泉穴師神社より)]

和泉名所図会. 巻之1-4 / 秋里籬嶌 [著] ; 竹原信繁 画」 – 「穴師神社(3巻13)

泉穴師神社境内鳥居前のカメラです。

泉穴師神社境内のカメラです。