法善寺(法善寺横丁)

マーカーは法善寺です。

法善寺
[法善寺(ほうぜんじ)は、大阪府大阪市中央区難波にある浄土宗の寺院。山号は天龍山。本尊阿弥陀如来。全身が苔むした姿の「水掛不動」が有名である。千日念仏を行ったことから俗に千日寺と呼ばれ、千日前の地名は当寺の門前に由来する。
山城国宇治郡北山村に琴雲上人が開山として法善寺を建立する。寛永14年(1637年)、金比羅天王懇伝の故事により中誉専念上人が現在地に移転する。他説では、同年に現在の大阪市天王寺区上本町8丁目より現在地に移り、寛永21年(1644年)から千日念仏回向が始まったという。
文政2年(1828年)に焼失するが、澄誉が再建する。嘉永5年(1852年)、再び焼失する。しかし、安政2年(1855年)に見誉が再建した。
1945年(昭和20年)3月13日・14日の第1回大阪大空襲で水掛不動明王を残し、すべて焼失する。
1955年(昭和30年)頃、同じ浄土宗の寺院であり、大阪新四十八願所阿弥陀巡礼第37番札所である長圓寺と縁を結ぶ。1960年(昭和35年)頃、金毘羅堂や庫裡などは再建できたが、本堂は再建できていなかった。そこで、法善寺は長圓寺を法善寺別院とし、そこに本尊の阿弥陀如来を移して法善寺本堂を建立する。
法善寺横丁
当寺院の北側にある細い通り。元は境内だったことから法善寺裏、法善寺露地などと呼ばれていた。昭和初期に小説『夫婦善哉』や『法善寺横丁』に登場して有名になり、横丁の名が定着した。
2002年9月9日、隣接する旧中座の解体工事中のガス爆発事故により19店舗が焼失。法規制により原状への再建が危ぶまれたが、2004年3月にかけて順次営業再開することができた。  (wikipedia・法善寺より)]

摂津名所図会. [前,後編] / 秋里籬嶌 著述 ; 竹原春朝斎 図画」-「5巻8・道頓堀芝居側

道頓堀川に架かる右の橋が戎橋、左が太佐衛門橋で、十字路左に角芝居、右に中芝居と記述され、中芝居右に法善寺と記述されています。

大阪の地図(1686年)(拡大図)

絵地図をスクロールして、道頓堀川の東横堀川と西横堀川の間、えびすばし右下のピンクの区画上が法善寺になります。
※wikipediaでは大阪の地図は1686年作成となっていますが、絵地図を見ると本町橋東詰に西町奉行所が描かれ、大阪城代・阿部正福(伊勢守・1745年 – 1747年)、京橋口定番・植村恒朝(土佐守・1742年 – 1747年)、玉造口定番・森川俊令(兵部少輔・1745年 – 1749年)の名が見えますので、1745年 – 1747年頃の作成になると思います。マイドームおおさか 敷地の変遷(詳細)では、宝暦8年(1758年)としています。

大阪繪圖 – 国際日本文化研究センター(日文研)」(成立年代-文久3(1863)年)絵図中央右、道頓堀川の太左エ衛バシの右下に法善寺と記述されています。

法善寺横丁入り口前のカメラで、カメラ島北東方向突き当りが法善寺で、横丁は手前左に曲がります。

カメラ位置は千日前通りで、カメラ西方向が法善寺横丁です。