法楽寺

マーカーは法楽寺です。

法楽寺
[法楽寺(ほうらくじ)は、大阪市東住吉区にある真言宗泉涌寺派の大本山の寺院。山号は紫金山(しこんざん)。院号は小松院。本尊不動明王。毎月28日が不動明王の縁日で、多くの参詣者で賑わいを見せている。
伝承によれば、源平の戦乱で戦死した平家源氏の霊を怨親平等に弔うために、源義朝の念持仏であった如意輪観世音菩薩を安置し、壮麗な伽藍が営まれたことが起源とされる。
山号の紫金山は、治承2年(1178年)、仏教の信仰に篤かった平重盛禅師育王山仏照の高徳を聞き、黄金3000両を献上し結縁を求めたとの伝えによる(『平家物語』巻三「金渡」にみえる話)。仏照は重盛の仏法への志に感嘆し、育王山伝来の紫金の仏舎利二顆を贈ったという。また、院号の小松院は、平重盛の別称が小松内府と称されていたことにちなむ。
元亀2年(1571年)、織田信長の侵攻による兵火で伽藍は灰燼に帰した。しかし、天正13年(1585年)にはひとまず復興した。
正徳元年(1711年)に野中寺から洪善普摂が晋山し、律院として本格的に復興が行われた。お堂は紀伊国の雑賀家の尽力により大和国宇陀松山藩織田氏の殿舎が移築され、現在に至るまで山門・本堂に残されている。  (wikipedia・法楽寺_(大阪市)より)]

摂津名所図会. [前,後編] / 秋里籬嶌 著述 ; 竹原春朝斎 図画」-「1巻73・田邊法楽寺

法楽寺山門前のカメラです。