獅子窟寺

マーカーは獅子窟寺です。

獅子窟寺(ししくつじ)
[弘法大師空海を宗祖とし、高野山金剛峰寺を本山とする高野山真言宗の寺院。山号は普見山(ふみさん)。境内には、獅子が吠える口に似ている巨石群の「獅子窟」があり、寺の名の由来となっています。ご本尊薬師如来坐像は、国宝に指定されており、平安時代前期の制作と推定されます。
京阪私市駅から徒歩で約40分。標高319mの普見山(ふみさん)の中腹にあるのが、「獅子窟寺」です。獅子窟寺ができたのは、今から約1300年前の奈良時代聖武天皇の勅命により、僧行基が創建しました。最寄駅から住宅地をぬけると、急こう配の参道が現れます。この参道を登りきると、晴れた日には大阪平野が一望できる境内にたどり着きます。交野八景「獅子窟の青嵐」に選ばれています。
※国宝の拝観は、1週間~10日ほど前に事前予約が必要です。拝観料は一人500円。
住所 ― 大阪府交野市大字私市2387
交通手段 ― 京阪電車交野線「河内森駅」または「私市駅」下車 徒歩約40分
JR・学研都市線「河内磐船駅」下車 徒歩約40分
電話番号 ― 072-891-6693  (「獅子窟寺 | 交野市星のまち観光協会」より)]

[獅子窟寺(ししくつじ)は、大阪府交野市にある高野山真言宗の寺院。山号は普見山。本尊は薬師如来。
生駒山塊の普見山中に位置する。山内には寺号の由来となった獅子が吼える形の岩もある。
黄檗僧・月潭による『獅子窟寺記』(元禄5年・1692年)によれば、当寺は文武天皇の頃、役行者が開山し、聖武天皇の勅命により行基が金剛般若窟の寺号で創建したとされる。天長年間(824 – 833年)には空海が当地で仏眼仏母の修法を行ったという。永正4年(1507)、僧・真海による『獅子窟寺縁起』も役行者草創を伝える。当地は平安時代には葛城修験の山岳霊場となっていた。『新後撰和歌集』には、静仁法親王(後土御門天皇第6皇子)が当地の「獅子のいはや(岩屋)に籠り侍りける」時に詠んだ歌が残されている。
鎌倉時代に一時衰退し、亀山上皇の帰依により14世紀には復興するが、元和元年(1615年)に焼き討ちに遭い全山十二院を焼失した。これは大坂夏の陣の際に当寺が豊臣方への加勢を拒否したためであるという。現存する薬師如来像は塔頭吉祥院の法師の尽力によって難を逃れ、一時大和国に避難していた。その後寛永年間(1624 – 1643年)、和泉槇尾山寺(施福寺)の光影により再興され、現在に至っている。
瑠璃殿・wikipedia-photo

木造薬師如来坐像 – 1968年国宝指定
像高は92.3センチメートル。9世紀(平安時代初期)の作。カヤ材の一木造で、両脚の前部、右腕の肘から先、左手首から先などに別材を矧ぐ。ただし、右腕と左手の別材部分は後補である。像底と後頭部、背部から内刳りを行う。左脚を上にして坐し、左足先を衣で包み込む形式で、代彫刻や唐招提寺盧舎那仏坐像に代表される天平彫刻の古い形式を踏襲したものとみられる。面相表現には観心寺の如意輪観音像など承和後半期(840年代)の仏像との共通点が指摘される。印相は右手を胸前に上げた施無畏印とし、左手は膝上に置くのではなく胸前まで上げて宝珠を捧げる形とする点が珍しい。前述のとおり、本像の右腕の肘から先、左手首から先と持物の宝珠は後補で、当初からこの印相であったかどうかはわからない。特に後補の右腕の角度が不自然であることから、製作当初は説法印を結んだ阿弥陀如来像であった可能性が考えられている。
薬師如来像・wikipedia-photo

  (wikipedia・獅子窟寺より)]

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「獅子蜜寺(6巻35)」「獅子蜜寺坂路(6巻36)

獅子窟寺参道口のカメラです。

獅子窟寺境内口のカメラです。

獅子窟寺本堂(瑠璃殿)前のカメラです。

獅子窟寺寺務所前のカメラです。