玉井寺跡

マーカーは玉井蛙塚です。

玉井寺跡
[玉井寺(ぎよくせいじ)は井堤里(ゐでのさと)の中水無村(みづなしむら)にあり。宗旨は真言律にして、本尊聖観音を安置す。開基は覚音阿闍梨(かくおんあざり)なり。庭中に玉井蛙塚(たまのゐかはづつか)あり。  (「巻之五 前朱雀再刻 玉井寺解説翻刻文」より)]

[江戸時代には井手(玉水村・水無村・石垣村・上井手村)には7つの真言宗寺院がありました。明治期に多くは廃寺となり、現在残っているのは西福寺と石垣の安養寺の2箇寺です。(出典:井手町史)
井手山 玉井寺(水無村 字玉ノ井)
 真言律宗 和泉国大鳥郡神鳳寺(神鳳寺も明治の神仏分離により廃寺)末寺
 明治5年6月に廃寺となり跡地は玉川保育園となる。  (「江戸時代 井手の真言宗寺院」より)]

玉井・蛙塚,Tamanoi(Well site) “Kyotofukoh” – 京都風光」、「六角井戸 – 井手町

都名所図会」・「巻之五 前朱雀再刻 玉井寺」、「巻之五 前朱雀再刻 玉井寺解説
玉井寺(拡大図)

[図会左ページに「玉井」と記述され、その右上に「蛙塚」と記述され、そこの一帯が玉井寺になります。]

拾遺都名所図会」・「巻之四 前朱雀 橘諸兄公旧蹟
橘諸兄公旧蹟(拡大図)

[図会左ページ右下に「玉井寺」、「玉川寺」と記述されています。「玉井寺」は「玉井寺跡」で「玉川寺」は現在地井手町大字井手宮ノ本104の「玉川寺」と思われます。そこの右方向に「諸兄蹟」と記述されているように思えます、「諸兄蹟」とすれば、六角井戸(橘諸兄別邸跡)のことか? また、右ページ下に木津川、玉川が描かれていますが、玉川の流れは描かれる先端付近で左方向に流路変更し、「玉川寺」の北側を流れることになります。奈良街道端に描かれる玉水里の井は、現在「井手史蹟・名勝の碑」が設置されている付近になるのではないかと思います。また、絵図左ページ中央左の「ヂソウイン」は地蔵院と思われます、地蔵院は創祀者が橘諸兄公とされる玉津岡神社と隣接しており、同社の神宮寺であったとされます。右ページ上に「北大塚」、「南大塚」と記述されています。この地は現在の井手町井手北開、井手南開で、井手南開に橘諸兄公旧跡碑が建っています。]

カメラ位置は玉井蛙塚で、カメラ北北東方向に玉井寺跡碑があります。

カメラ南東方向に六角井戸(橘諸兄別邸跡)があります。(Google Map)

「井手史蹟・名勝の碑」前のカメラです。(Google Map)