玉造口定番下屋敷跡

マーカーは玉造口定番下屋敷跡(記念樹の森)です。

[大坂城城代・定番は妻子を伴なって赴任することが許されたが、本人は通常城内の城代・定番屋敷に起居し、妻子は城外に与えられた下屋敷に置かれた。  (「松尾美恵子「大坂加番の一年」」より)]

大阪の地図(1686年)(拡大図)

絵地図を右端迄スクロールすると、大和川口に京橋が描かれ、その下に大阪城が描かれています。大阪城左下に御城代阿部伊勢守下屋敷、右・猫こま川(猫間川)左に玉造口御定番森川兵部少輔、右上、大和川下に京橋口御定番植村土佐上と記述されています。
※wikipediaでは大阪の地図は1686年作成となっていますが、絵地図を見ると本町橋東詰に西町奉行所が描かれ、大阪城代・阿部正福(伊勢守・1745年 – 1747年)、京橋口定番・植村恒朝(土佐守・1742年 – 1747年)、玉造口定番・森川俊令(兵部少輔・1745年 – 1749年)の名が見えますので、1745年 – 1747年頃の作成になると思います。マイドームおおさか 敷地の変遷(詳細)では、宝暦8年(1758年)としています。

[絵地図に記述される、森川兵部少輔は、下総生実藩の第6代藩主森川俊令(もりかわ としのり)のことで、森川俊令は享保3年(1718年)1月18日、600石を領した分家の旗本・森川重良の次男(庶子)として江戸で生まれる。享保19年(1734年)に本家の第5代藩主・森川俊常が死去したため、末期養子として家督を継ぎ、12月18日に従五位下・兵部少輔に叙位・任官する。
寛保3年(1743年)4月28日に大番頭に任じられ、延享2年(1745年)閏12月15日に大坂定番に任じられ、寛延2年(1749年)8月15日に奏者番に任じられた。  (wikipedia・森川俊令より)]

カメラ位置は記念樹の森のセンターサークルで、この付近が玉造口定番下屋敷跡になります。